PR

導入店舗増加中!【フラットラッシュ】のマツエクデザイン10選

この記事をシェアする

軽いのに印象的な目元にしてくれるフラットラッシュ。インスタにもたくさんの画像がアップされており、フラットラッシュメニューを予約されるお客様も多いのではないでしょうか。お客様に似合うデザインを提案できるように、たくさんのデザインを見ておくことはアイリストとしてとても大切です。印象の異なるフラットラッシュのマツエクデザインを10選ピックアップしました。フラットラッシュの基本もおさらいしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

人気のマツエク商材「フラットラッシュ」ってどんなもの?

今マツエク業界で最も注目されている「フラットラッシュ」。過去のbeauté記事でも、何度も取り上げてきました。フラットラッシュを使ったマツエクデザインをご紹介する前に、フラットラッシュについておさらいしてみましょう。お客様の「フラットラッシュって何?」という素朴な質問に、分かりやすく端的に説明できると、アイリストとして信頼を得ることができますよ。

フラットラッシュの火付け役は、ミスアイドール®

今では多くのメーカーで取り扱われるようになったフラットラッシュですが、業界での火付け役は『Miss eye d‘or®(ミスアイドール)』が開発した「フラットマットラッシュ」でした。オードリー・ヘプバーンを起用したシックでおしゃれなパッケージが印象的のシリーズです。フラットラッシュの特徴である、平坦な断面を生み出したことは、マツエク業界に革命を起こしたと言っても過言ではないでしょう。
ミスアイドール®のフラットマットラッシュについては、こちらの記事で過去に紹介しました。

画像元:Miss eye d’or

シングルラッシュの丸い断面とは違い、平坦にしたことで、次のようなメリットが生まれました。
エクステの軽量化
モチの良さ
その他にもさまざまなメリットがあります。ぜひ、こちらの記事で確認してみてください。

人気3大メーカーでの違い

フラットラッシュを取り扱う3大人気メーカーと言えば、「ミスアイドール®・レディココ・ラッシュヴォーグ」。各メーカーが販売するフラットラッシュの特徴を見ていきましょう。

ミスアイドール®

ミスアイドール®が販売するフラットラッシュは、先程も紹介したように「フラットマットラッシュ」。自まつげに近いマットなエクステは、深みがありはっきりとした目元へと演出してくれます。

画像元:Miss eye d’or

【フラットマットラッシュの特徴】

くぼみ部分が自まつげにフィットするため、施術がしやすい
シングルラッシュに比べ、重さが1/3と軽量
自まつげの根元から立ち上がり、ぱっちりとした目元に

待望のカラーエクステが6月中旬に発売予定のため、よりお客様へ提案しやすく、満足いただける商材となりそうです。

レディココ

クラシックセーブルシリーズの中で、フラットタイプを展開しているのが『LADYCOCO(レディココ)』。

画像元:LADYCOCO

【クラッシーセーブル®︎ フラットの特徴】

しっかりとしたカール力
柔らかく、従来の半分以下の軽さ
下まつげ用もあり、種類が豊富

カール力も重要視されるお客様にぴったりの商材と言えるでしょう。キュートな目元に仕上がるエクステです。

ラッシュヴォーグ

『Lashvoug(ラッシュヴォーグ)』では、「フラットラッシュ」と「フラットセーブル」という2種類のフラットラッシュを販売しています。メーカーのこだわりがどちらにも詰まっているそうです。

画像元:Lashvoug

【フラットラッシュの特徴】

柔らかく、濃い
一重におすすめのLDカールあり
ブラウンも展開

【フラットセーブルの特徴】
高いカール持続力
マットタイプで、深い目元に

「フラットラッシュスターターキット」も販売されており、お試しできるのも魅力。フラットセーブルではカール力にこだわっており、納得のいく素材が見つかるまでブラウンをまだ展開できないそうです。

 

こちらの記事では、より詳しく各メーカーのフラットラッシュの特徴を取り上げています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

フラットラッシュを導入することで、シングルラッシュと同じ施術時間で単価をアップできるメリットがあります。

こちらの記事で、サロンの売上アップのための方法を学びましょう。

ただし、すべてのお客様にフラットラッシュをおすすめするという方法は、プロのアイリストとしては失格です。お客様の希望を聞き、目元の状態をよく観察した上で、エクステの種類を提案することが、プロの仕事。それぞれのエクステと自まつげの相性があることを知っておけば、提案しやすく、お客様に満足いただけるでしょう。

フラットラッシュのマツエクデザイン10選

フラットラッシュのマツエクデザインを10デザインピックアップしました。同じフラットラッシュであっても、本数、長さ、デザインによって、印象は異なります。お客様の希望に沿い、似合う目元に仕上げられるように、さまざまなデザインを見ておきましょう。

ボリュームラッシュとMIXさせたデザイン

画像元:@eyelash_salon_arrietty_さん

フラットラッシュ60本とボリュームラッシュ40本を合わせたマツエクデザイン。すべてをボリュームラッシュにすると重たくなってしまいますが、フラットラッシュをMIXすることで、軽くナチュラルな仕上がりに。

ブラウンで透明感のあるデザイン

画像元:@eyelash_salon_arrietty_さん

ブラウンのフラットラッシュを使うことで、透明感のある目元を演出。華やかになり過ぎない方が好みのお客様には、ブラウンカラーをおすすめしてみましょう。特に自まつげが細い場合でも、違和感のない目元デザインにできます。

140本で存在感のある印象的なでデザイン

画像元:@eyelash_salon_arrietty_さん

0.2mmの太さのフラットラッシュを140本装着した、ボリューム感あるマツエクデザイン。多めの本数でも、軽さが魅力のフラットラッシュなら、自まつげへの負担も少なくてすみます。

200本でも0.1mmで上品なデザイン

 

画像元:@iamai_0220さん

たくさんの本数、かつナチュラルなデザインを希望されるお客様には、0.1mmのフラットラッシュを使うのがおすすめです。上品な目元に仕上がる0.1mmを、ぜひサロンにも取りそろえておきましょう。長さをそろえずランダムにすることで、より自然な目元に仕上がっています。

フラットマットラッシュで、シックな仕上がり

出典:@iamai_0220さん

自まつげに馴染みやすいフラットマットラッシュは、自然な仕上がりを好まれるお客様へのデザイン提案におすすめ。0.15と0.2mmをMIXさせ、ボリューム感を出したデザインになっています。

明るめの髪色には、ブラウンラッシュでデザイン

出典:@iamai_0220さん

お客様の髪色や眉毛の色に合ったカラーを提案することも大切です。最近はブラウンのフラットラッシュを販売するメーカーも増えているので、ぜひ取りそろえておきましょう。誰にでも同じデザインではなく、メイクや服装から似合うデザインに施術できると良いですね。

目の形を活かしたキャッツアイデザイン

出典:@iamai_0220さん

切れ長の目元を活かしたキャッツアイのデザインには、0.15mmのフラットラッシュを180本使用しています。8~12mmの長さ、JC~Cカールとエクステの種類をかけ合わせることで、より魅力的な目元へと演出。フラットラッシュの長さやカールを取りそろえておくことで、デザイン力もアップしますよ。

CCカールでぱっちりとしたデザイン

出典:@waka_parkbytokyoさん

120本のCCカールを長さ10~12mmをバランスよく配置し、ぱっちりとした目元に仕上げたデザイン。本数を増やさずに、印象的な目元を作るなら、カールをアップさせるのもひとつの手です。目の形に沿うようにデザインし、カールが強めでも自然な仕上がりにできるようにしておきましょう。

100本で透け感あるデザイン

画像元:@eyelash_salon_arrietty_さん

目に光が入るようにデザインすると、明るい目元にすることができます。濃い目元より、明るさがあり優し気な目元を希望するお客様には、本数をおさえることも提案してみましょう。

上80本に下まつげプラスで、華やかなデザイン

画像元:@eyeplus.designさん

80本と少なめの本数でも、下まつげをプラスすることで、ぐっと印象が変わります。上まつげにはCカール0.15mmの9~11mmをバランスよく配置しキュートな目元に。下まつげには太さ0.1mmのJカール6mmを14本装着し、印象的な目元に仕上げています。

まとめ

2019年もまだまだ注目のフラットラッシュ。シングルラッシュやボリュームラッシュと上手く使い分け、お客様の理想に近づく目元へとデザインしましょう。ひとつのエクステを極めるのではなく、どのエクステでもきれいにデザインできる。それが誰からも頼られるアイリストに必要不可欠な能力ですよ。 190605Eoa

この記事をシェアする