最近人気の「フラットラッシュ」って何?これまでのマツエクとどう違うの?

この記事をシェアする

最近のマツエク業界でブームとなっている「フラットラッシュ」は、「とにかく付け心地が軽い!」「仕上がりがナチュラル!」と、SNSでも見かけることの多い話題のアイテム。評判を耳にして、「興味はあるけれど、実際どんなものなの?」と、気になっているアイリストも多いかもしれません。そこで今回は、話題沸騰中のフラットラッシュに迫ります!メリットやデメリット、これまでのマツエクとの違いも知っておきましょう。

フラットラッシュって何?技術なの?毛質なの?

結論から言うと、フラットラッシュとは毛質のこと。
従来のシングルラッシュや、ナチュラルに目元を盛ることのできるボリュームラッシュに対して、フラットラッシュはつけまつげのようなバサバサとした印象になります。

施術では、シングルラッシュのように、自まつげ1本に対してフラットラッシュ1本を装着するイメージです。しかし、これまでのシングルラッシュとは大きく異なるポイントがいくつかあります。
ここからは、ポイントごとに2つのエクステを比べてみましょう。

形状の違い

画像出典:Miss eye d’or

肉眼では分かりづらいですが、それぞれのエクステ断面は形状が異なります。
上記は、あるマツエク商材メーカーが公開しているフラットラッシュ(画像左)とシングルラッシュ(画像右)の形状を拡大比較したイメージ図です。画像からも分かるように、シングルラッシュは丸く、フラットラッシュは平たい断面となっています。この形状こそが、フラットラッシュ(フラット=「平らな」という意味)という名前の由来。

同じフラットラッシュでも断面の形状が違い、中央にくぼみがあるものとそうでないものとがあります。
また、毛先を枝分かれ状に加工したフラットラッシュも存在。枝分かれしていない従来のエクステと比べて、毛先まで濃くはっきりした仕上がりになります。

断面積・重量の違い

画像出典:Miss eye d’or

また、それぞれの断面積も異なります。
上記は、先ほどと同じメーカーが公開しているフラットラッシュ(画像左)とシングルラッシュ(画像右)の断面イメージです。フラットラッシュは、シングルラッシュと横のサイズは同じ。しかし、縦のサイズはフラットラッシュの方が明らかに薄くなっていることが分かります。

このように、断面積が小さい分、フラットラッシュの方が軽いことが特徴です。こちらのメーカーでは、シングルラッシュと比べて重量は1/3ほどしかないのだとか。

グルーの付き方の違い

画像出典:Miss eye d’or

さらに、グルーの付き方という点でも異なります。
上記も、先ほどと同じマツエクメーカーによるイメージ図です。こちらのメーカーが取り扱うマツエクは、中央にくぼみがあるタイプ。シングルラッシュと比べると、接着面積が大きくなっていることが分かります。
また、くぼみがある分、自まつげとフラットラッシュを接着するグルーが間にたっぷり存在できることもポイント。
このように、密着度が高まることで、モチもアップするのです。

フラットラッシュのメリット・デメリット

先ほども説明したように、たくさんのメリットがあるフラットラッシュ。しかしその一方で、デメリットもいくつかあります。

フラットラッシュのメリット

・エクステが軽く、自まつげへの負担が少ない
・接着面積が広いことで密着度が増すため、モチがいい
・軽量なため、根元から自まつげを立ち上げるリフトアップ効果がある
・根元が自まつげにフィットするためしっかり装着でき、安定感があって倒れにくい
・少ない本数でも濃く見せることができる
・やわらかいボリュームラッシュとのMIX装着も相性が良い

フラットラッシュのデメリット

・リフトアップする分、目がパッチリし過ぎてしまう
・毛先まで濃いため、同じサイズのシングルラッシュよりも長く見えてしまう
・まつげの毛量によっては濃く見えすぎてしまうことも…
・軽量のため、やや熱に弱い傾向にある

少ない本数でも目元の印象を強く見せることができるフラットラッシュ。一方で、目元のイメージがナチュラルやシンプルを好まれるお客様には、向かないかもしれません
では、フラットラッシュはどのような方へおすすめすればよいのでしょうか?

安定感とモチの両方が欲しい
自まつげにできるだけ負担をかけたくない
これまでのマツエクよりも軽い付け心地を求めている
自まつげをリフトアップしたい
ナチュラルやシンプルより、目元の印象が際立つデザインが好き

このようなお客様には、ぜひフラットラッシュをプッシュしたいものです。当てはまるポイントがないか、カウンセリングや施術でお客様のお話にしっかり耳を傾けましょう。

おすすめのフラットラッシュ

一口にフラットラッシュと言っても、さまざまな商材メーカーから発売されているため、どれが良いか迷ってしまうかもしれません。ここでは、トップアイリストに使われているフラットラッシュを2つ紹介します。

オードリーコレクション フラットマットラッシュ/Miss eye d’or

画像出典:Amazon

代表的なフラットラッシュといえば、こちら。Miss eye d’or(ミスアイドール)の「オードリーコレクション フラットマットラッシュ」です。中央がくぼんだ形状で、毛先が枝分かれしています。
NormalとMix(複数のカール入り)の2種類があり、カラーはマットブラック・ブラウン・シアーブラウンの3色。太さは0.15mmと0.20mm長さは7~15mmカールはJ・JC・C・CCから選べます。(※2019年8月時点)

まず注目すべきは、モチの良さです。くぼみのある平らな形状のため、従来のシングルラッシュよりも装着時に倒れにくく、安定性は抜群。バラつきのない美しい毛流れを叶えてくれます。
そして、快適な軽さと付け心地も魅力のひとつ。同社の従来品である「シングルラッシュ クラシック」と比べて、重さはわずか1/3!軽くてしなやかで、自まつげに大きな負担をかけにくくなっています。
さらに、自まつげを根元から立ち上げるリフトアップラッシュとしても機能。目元を深く、より印象的に見せてくれます。
Instagramでは、「#オードリーコレクション」「#フラットマットラッシュ導入店」などのハッシュタグを付けた画像をアップして、集客効果を期待するサロンもあるようです。

価格:Normal 3,132円(税込)、Mix 3,564円(税込)

フラットラッシュ/Lashvoug

画像出典:Lashvoug

こちらも、Instagramでトップアイリストに評判の逸品。Lashvoug(ラッシュヴォーグ)の「フラットラッシュ」です。こちらも、先ほど紹介したオードリーコレクション フラットマットラッシュと同じで、中央がくぼみ、毛先が枝分かれしています。
カラーは、グレイッシュブラウンとマットブラックの2色。それぞれ、長さは8~13mmカールはC・D・Jの3種類と同じです。太さは、グレイッシュブラウンが0.15mm、マットブラックが0.12・0.15・0.20mmの3種類となっています。

特徴としては、軽量化を実現したこと。太さが同じ0.20mmで比較した場合、同社のシングルラッシュよりも最大50%の軽量化に成功しました。それにより、太くて重いエクステに耐えられなかった繊細な自まつげにも、0.15mmや0.20mmを装着できます。
そして、接着面の広さ。従来のシングルラッシュより、接着面積は約2倍です。
さらに、自まつげのリフトアップ効果も期待できます。下がり気味や直毛の自まつげも、フラットラッシュのカールがしっかり上向きに!
こちらの商品を導入したサロンからは、
シングルラッシュではすぐ取れるのに、フラットラッシュは驚くほどの持続性!
持続性と軽さはお客様に魅力的の様子。ご新規様の数が対前年比20%アップ!
フラットラッシュの魅力をしっかり打ち出したところ、単価アップに成功!
などの声があり、お客様の評判や集客、単価アップなどにつながっているようです。

価格:マットブラック 2,160円(税込)、グレイッシュブラウン 2,376円(税込)

まとめ

SNSでも注目を集めている、フラットラッシュについて紹介しました。特徴は、軽い付け心地でモチがいいこと。また、自まつげのリフトアップ効果や毛先の枝分かれにより、印象的な目元を叶えられることも大きな魅力です。一方で、ナチュラルでシンプルな目元づくりには向かないことも、ポイントとして押さえておきたいですね。「フラットラッシュの施術が受けられるサロンを探している」というお客様もいるようです。魅力的なサロンにするためにも、フラットラッシュをメニューに取り入れるかどうか、一度検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

180710Eih

この記事をシェアする