マツエクサロン内で「フラットラッシュ」に単価UPするためのお勧め方法とは?

この記事をシェアする

今人気上昇中のフラットラッシュ。導入しているサロンにとっては、技術的な観点はもちろんですが、シングルラッシュよりも単価が高く、施術時間も変わらないというメリットがあります。そのため、売上観点からもフラットラッシュをおすすめしたいところ。フラットラッシュをすすめるためには、お客様にフラットラッシュについて知ってもらう必要がありますよね。具体的にお勧めする方法について考えてみましょう。

来店時から単価UPするのに必要な3つの条件

シングルラッシュ希望で来店されたお客様にフラットラッシュでの施術を希望してもらうためには、必要な3つの条件があります。

シングルラッシュ→フラットラッシュでアップする金額がわかりやすい

フラットラッシュのメリットがわかりやすい

仕上がりのイメージがわきやすい

それぞれの条件に付いて詳しく確認していきましょう。

シングルラッシュ→フラットラッシュでアップする金額がわかりやすい

シングルラッシュよりもフラットラッシュの施術料金を高く設定しているサロンが多いはず。シングルラッシュのつもりで来店されたお客様がフラットラッシュでの施術にする際、気になるのは料金です。『フラットラッシュ80本はシングルラッシュ80本の料金+¥2000』など、どのくらいアップするのかわかりやすいと検討しやすくなるでしょう。

フラットラッシュのメリットがわかりやすい

フラットラッシュは、根本は1本のエクステですが、途中から二股に分かれているという、今までにない形状のエクステです。自まつげと見間違うようなナチュラル感のある目元に仕上がります。

フラットラッシュにするメリットをわかりやすく示すことも重要です。

フラットラッシュのメリット

断面積が小さいことでエクステが軽く、快適なつけ心地

接着面積が広いことで密着度が増すため、モチが良い

根元から自まつげを立ち上げるリフトアップ効果がある

根元が自まつげにフィットするためしっかり装着でき、安定感があって倒れにくい

メリットを提示しシングルラッシュとの料金の差額だけの効果が期待できると思ってもらえれば、お客様もフラットラッシュに興味を示してくれるかもしれません。

仕上がりのイメージがつきやすい

いくら口頭でフラットラッシュの原理やメリットを説明しても、実際に施術したときのイメージがつかないとどうしても決め手に欠けてしまいます。フラットラッシュの仕上がりのイメージがわきやすい状態を作ることも、提案を実現させる大きなポイント。フラットラッシュを施術した写真をいくつか用意しておき、お客様に提示してあげましょう。写真があれば完成イメージもつきやすいはずです。

フラットラッシュへの移行・オススメ方法とは

続いてフラットラッシュをおすすめする方法について確認していきましょう。フラットラッシュをお客様に知ってもらう体制作りと、アイリストからの後押しという両面からの提案が有効です。

お客様にフラットラッシュの触り心地を体験してもらおう

毛質のサンプルを体感してもらう

フラットラッシュの特徴は柔らかい毛質。軽量で付け心地の良さが支持される理由です。その柔らかさを実感してもらうには、実際に触ってみてもらうのがいいでしょう。シングルラッシュとフラットラッシュのまつげのサンプルを用意し、お客様に触り比べてもらうのがおすすめです。POPにそれぞれのマツエクを貼り、自由に触って確認できるようにしておく方法もあります。実際に柔らかさやシングルラッシュとの違いを実感できれば、フラットラッシュを検討する材料になるはずです。

フラットラッシュを浸透させるための待ちの体制作り

お客様が座る場所などにフラットラッシュのPOPを貼る

まずはお客様にフラットラッシュを知ってもらうことが必要です。カウンセリングの場所など、お客様が座る位置にフラットラッシュのPOPを貼り、自然と目に入るようにしておきましょう。

POPのデザインも重要です。販促用のポスターもいいですが、それに加えてサロンで作成したPOPを貼っておくと目に留まりやすくなるかもしれません。グッとくるポイントはお客様によって異なるはず。流行りに敏感なお客様には話題であることを強調すると効果的かもしれませんし、モチが良くなる具体的な理由がわかると心が動かされるお客様もいるかもしれません。

流行りを強調するPOP

モチがよくなる原理を説明するPOP

フラットラッシュの毛質サンプルを張り付けたPOP

など、POPのデザインを種類用意し、お客様のグッとくるポイントをくすぐりましょう。

アイリストからの後押し

カウンセリングの際にフラットラッシュの説明も導入する

POPでフラッシュラッシュをプッシュしてもそれだけでは不十分。アイリストからの後押しも重要です。カウンセリングの際にフラットラッシュの説明や提案を加えましょう。POPだけではわかりにくい説明を聞くことができ、お客様の興味をより高めることができるかもしれません。

カウンセリングに使えるフラットラッシュのデザイン3選

フラットラッシュのCCカールデザイン

出典:ameri.group

CCカールでフラットラッシュを120本装着したデザインです。長さは10・11・12mmで太さは0.15mm。カールが強いCCカールなら本数を少なくしても十分華やかに仕上がります。

フラットラッシュのJカールデザイン

出典:ameri.group

すっきりとしたカールが希望のお客様にはJカールがいいでしょう。Jカールのフラットラッシュを120本装着したデザインです。長さは9・10・11mm、太さは0.15mm。目を開けた状態はナチュラルですが、閉じたときのしっかりとした長さが目元を引き立てます。

Cカールのフラットラッシュデザイン

出典:ameri.group

かわいい目元デザインを希望されるお客様にぴったりのCカール。こちらはCカールのフラットラッシュを100本装着しています。長さは9・10・11mm、太さは0.15mm。本数は少なくても目元のアイライン効果が高いフラットラッシュは、目元の印象を強めてくれます。

まとめ

フラットラッシュをまだ知らないお客様も多いはず。触って実感させるなど、イメージを沸かせる方法もありますが、まずはアイリスト自身がお勧めするための知識をしっかりと自分のものにしておくことが重要ですね。フラットラッシュはとても人気の商材。おすすめすることで、単価アップだけでなく、お客様の満足度アップも合わせて実現できる可能性もありそうです。ぜひ、お勧め方法を試してみてくださいね。190219Esshtt

https://www.beaute-p.com/eyelist/6489/ps://www.beaute-p.com/eyelist/6489/

この記事をシェアする