グルーは冷蔵庫保管するほうがいいの?

この記事をシェアする

マツエクのグルーには、高温多湿に弱い特性がありますよね。そのため、夏場などは特に「冷蔵庫に入れて冷やしておいた方が良いのでは?」と思われがち。みなさんの中にも、夏になると毎年冷蔵庫にグルーを入れている人もいるのではないでしょうか。しかし、実はその方法、間違っているかもしれません。今回の記事では、グルーの特性と適正温度でグルーを保つメリット、そしてグルーの正しい保管方法について勉強していきます。

グルーの温度が上がると起きること

夏場のサロンでは冷房が欠かせません。なぜなら近年、外気温が40℃を超える日も珍しくなくなり、冷房を使用していなければ室温は50℃を超える可能性もあるためです。しかし、グルーの適正温度は、18~23℃とされています。もし50℃のサロン内にグルーを置いていた場合、どのような状態になるのでしょうか?

メーカーに問い合わせたところ、
・粘り気が少なくなる
・硬化速度が速まる
との回答がありました。
しかし、アイリストの肌感覚としては
・グルーがドロドロする
・糸を引いて扱いづらい
・硬化速度が遅くなる
といった認識があるでしょう。

この違いが発生する理由は、保管状況にあります。メーカーによる見解は、高い室温に保管し続けた場合に起こりうる状態。一方、サロンでは多少なりとも室温が上下しますよね。室温が変化する環境での保管は、メーカーの想定している保管状況とは異なるため、アイリストの肌感覚とは違う結果が出てしまうのです。

夏のサロンは、営業時間外になると冷房を切っていますよね。しかし、真夏日になると夜でも室温が高くなるでしょう。そして翌日サロンの営業が始まり、再度冷房が稼働すると、室温は段々と下がっていきます。1日の中で、サロンの室内は何度も上下していることが理解していただけたでしょうか?この気温の変化が、グルーの質を変化させる原因です。
室温の変化とともに、グルーの温度も当然変化していきます。冷房が切られて室温が上がるとグルーの温度も上昇し、冷房が効き始めるとグルーの温度も低下していくのです。注意するべきは、温度が上昇するタイミング
真夏の冷えたペットボトルで考えてみましょう。冷えたペットボトルを冷蔵庫から取り出し、常温にしばらく置いておくと、次第に容器の内外に結露ができ始めますよね。グルーの容器でも同じ現象が起こります。グルーが水分に反応して硬化を開始することは、みなさんご存知の通りでしょう。そしてもちろん、容器内に発生する結露は“水分”です。つまり、結露が発生すると、グルーが容器内で硬化を始めます。結露の量が多ければ多いほど硬化は活発化しますが、室内で管理している場合は温度の上下する範囲が狭いため、ごくわずかな結露で済むケースも多いはずです。そうすると、中で本格的に硬化するのではなく、粘り気が強くドロドロとしたり、糸を引いたりといった劣化状態が引き起こされます。劣化したグルーは硬化速度も遅く、質も低下しているため、新しいグルーに交換しなければなりません。

つまり、グルーの温度が上がると、粘り気が少なくなり硬化速度が速まります。しかし、一度温度が上がった状態から温度が下がり、再度温度が上がった後さらにまた下がり…と何度も気温が変動していく中では、真反対の状態が発生。グルーの温度が上がったタイミングは結露が起こりやすいため、その結露にグルーが反応し、ドロドロとしたり糸を引くなどの劣化状態を引き起こし、硬化速度が遅くなる状態が発生するのです。

グルーを適度な温度で保つメリット

グルーを保管するときの適正温度は、18~23℃とされています。では、適正温度内でグルーを保管するメリットには何があるのでしょうか。
それは、劣化を防止できること
グルーが劣化すると、先ほども紹介した
・ドロドロとした質感
・糸を引く
・硬化速度が遅くなる
といった現象が起こります。しかし、グルーを適切に保管できていれば、最後まで劣化せずに使い切れるのです。数千円するグルーが、保管状況のせいで複数本傷んでしまうと、経費も無駄になりますよね。だからこそ、適切な温度内で保管する必要があるのです。

また、劣化していないグルーとは、速乾性・接着力・持続力のすべてが購入当初の状態。つまり、アイリストにとって扱いやすい状態です。想定した通りの使い勝手であるため、施術もスムーズに進められるでしょう。また、劣化していない新鮮なグルーはモチも良いため、お客様にとっても喜ばれるはずです。高い顧客満足度を維持するためには、適切なグルーの保管も大切だと理解していただけたでしょうか?

グルーの保管に適した冷蔵庫とは?

「適正温度で保管する重要性は理解できたけれど、真夏の定休日はどうしても室温が高くなる。」
と悩んでいる人もいますよね。そして、
「室温が高くなってグルーが劣化すると困るから、とりあえず冷蔵庫に入れておこう」
と考える人も少なくありません。
しかしその行動では、グルーの劣化を引き起こしてしまうでしょう。

コチラの記事でもご紹介した通り、家庭用冷蔵庫は設定温度が0~10℃と低くなっています。とてもグルーを保管するための適切な環境とは言えません。温度が高いときはもちろん、低い場合もグルーにとって悪影響があるためです。低温での保管はグルーの粘度を高めるだけでなく、結露を発生しやすくなります。(容器内の温度が急激に下がるため)先ほどもご説明しましたが、グルーは結露の水分に反応して硬化を開始。その硬化時、グルーは高い熱を発します。過去には、その硬化現象に気付かなかったアイリストが容器を触ってしまい、ヤケドを負ったトラブルも報告されているほどです。また、熱によって容器が破裂するケースもあります。
以上の理由から、家庭用冷蔵庫の利用は避けた方が良いでしょう。

「では、どのような保管が良いの?」
と、さらに悩ませてしまったかもしれませんね。夏の定休日や夜間などでサロン内の室温管理がどうしても難しい場合、冷房を付けたままにするか、化粧品用冷蔵庫を活用すると良いでしょう。

商品によって設定温度は異なりますが、家庭用冷蔵庫よりも高めの温度でグルーを保管可能。18℃程度で設定しておけば、グルーの劣化も防止できます。ただし、使用時には1点注意が必要です。
それは、サロン内の室温を25~28℃程度まで下げてから取り出すこと
何度も紹介している通り、室温の変化はグルーの容器内に結露を発生させやすくなるため、注意が必要ですよね。18℃程度に設定された化粧品用冷蔵庫から、突然40℃近くまで上昇している真夏の部屋に移動させると、すぐに大量の結露が発生するでしょう。できるだけ気温差をなくすことで、結露の発生は少なくできます。必ず、サロン内の室温が下がったことを確認してから取り出すようにしてください。
なお、結露を防ぐ観点から、本来18~23℃に保たれた冷暗所での常温保存が望ましいとされています。化粧品用冷蔵庫を使用する場合も、可能な限り夜間や定休日のみに限り、普段はサロン内の冷暗所で常温保存するよう心掛けましょう。
さらに、温度の低下したグルーは分子の動きが悪くなり、接着力が低下してしまいます。より良い状態のグルーで施術を行なうためにも、グルーは施術前に冷蔵庫から取り出し、常温に戻してから使用してください。

まとめ

わたしたちが使用しているグルーは、意外と繊細。きめ細やかに管理しておかなければ、本来の力を発揮できなくなるのです。特に外気温が上がる夏の夜間や定休日、そして暖房を効かせすぎてしまう冬の営業中は、適切な温度になっているかこまめに確認しましょう。その上で、もし少しでもグルーが劣化していると感じたら、早めに新しいグルーと交換することがアイリストの義務です。もったいないと感じても早めに取り換え、いつでも新鮮なグルーをお客様に提供していきましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする