その扱い方合っていますか?新品グルーの「正しい開け方~保管方法まで」

この記事をシェアする

購入したばかりのグルー。新しいからといって、乱雑に扱っていませんか?正しい使い方・保管方法を徹底しないと、すぐに劣化したり、時には容器が爆発するなどの危険性のある、マツエグルー。安全に、そして快適に新品グルーを使用するために、正しい開け方や保管方法について学んでいきましょう!

新品グルーの開け方と注意点

まずは、新品グルーの開け方と注意点についてご紹介します。

<開け方>

少し前まで、キャップを開けたあとノズルをハサミでカットするタイプも多く見られましたよね。しかし、今ではキャップをひねるだけですぐに使えるタイプが主流。ペットボトルを開ける感覚で、誰でも簡単にグルーを開封できます。あとは容器を逆さに向け、1滴ずつグループレートに取り出すだけ。
このように、非常に簡単に使えるグルーですが、実はこの部分だけでもたくさんの注意点があることを知っていますか?続いて、グルーの開封時に気を付けたい注意点についてもご紹介します。

<注意点>

1.通常よりもしっかりと振る

グルーを放置していると内容物が分離しやすくなることは、アイリストのみなさんなら知っているでしょう。中でも、新品のグルーは要注意。製造から店舗に到着するまでの間に容器を振る機会はほぼないため、容器の中で内容物が分離している可能性が高いと言えます。通常時よりも多めに振り、中の成分をしっかりと混ぜることが大切です。

2.振るときは縦向きNG

開封前に容器をしっかり振ることは大切ですが、正しい方向に触れていますか?もし縦に振っている人がいればNG。そのまま続けていると、とても危険です。なぜなら、ノズル部分にグルーが上がり、爆発する恐れがあるため。
容器を振るときにはキャップをしっかりと持ち、横方向へ揺らすように振ってください。

3.分離した部分は廃棄する

分離を解消するために100回以上容器を振っていたとしても、容器の形上、混ざり切らない部分があります。もし最初の数滴が分離していた場合は潔く捨て、再度容器をしっかりと振りなおして、1滴ずつ取り出してみましょう。
※時間がないからといって、分離したまま施術を進めてはいけません。分離したグルーは、シアノアクリレートが多すぎる状態。刺激が強く、通常時よりも目や鼻・喉に染みやすくなっています。必ずしっかりと振り直し、適正な状態のグルーを使用しましょう。

4.冷蔵庫で保管している場合、使用時の温度に注意

もし化粧品用冷蔵庫でグルーを保管しているなら、開封する前に常温に戻す必要があります。なぜなら、温度の下がったグルーは分子の動きが悪く、接着力が低下しているから。
グルーそのものの接着力を発揮させるためにも、使用前にあらかじめ室温に戻しておくよう心がけましょう。

保管方法

グルーは、18~23℃に保たれた冷暗所での保管が好ましいとされています。この環境下で保管していれば、開封前で2ヶ月、開封後の場合では1ヶ月程度使用できるでしょう。

しかし、日本は四季のある国。季節に合った環境を自分たちで作らなければ、年中適切な状態でグルーを管理することは難しいですよね。

例えば、夏は高温多湿。もちろんサロンの営業中は、冷房と除湿器を活用することで適切な環境を作れますが、閉店後や定休日には高温多湿な空間になってしまうでしょう。そのため、化粧品用冷蔵庫を活用し、グルーをいつでも18~23℃の範囲内で保管しているサロンもありますよね。化粧品用冷蔵庫は家庭用冷蔵庫よりも高めに温度設定できることから、グルーの保管に適しています。しかし、注意点が1つ。
それは、サロン内の室温を下げてからグルーを取り出すことです。

真夏のサロン内は、あっという間に高温になります。もし18℃に保たれた場所から、突然40℃の部屋へグルーを取り出したとしたらどうなるでしょうか。グルーの天敵である、結露(=水分)が発生します。私たちの目には、容器の外に発生したグルーしか確認できませんが、実は内側にも結露は発生していて、知らず知らずのうちにグルーがその水分と反応。硬化をはじめてしまい、熱を発してしまうでしょう。

しかし、できる限り温度差をなくしておけば、結露の発生は最小限で済みます。室温を最低でも25~28℃まで下げてから取り出し、結露の発生を予防したいですね。

また、保管する向きも大切。
横に倒した状態だとグルーが漏れ出したり、ノズルの出口付近でグルーが固まる可能性があります。新品のグルーであっても例外ではありません。同じようなトラブルを防ぐためにも、立てた状態で保管するよう心がけましょう。

最後に、店着時のグルーを思い出してみてください。アルミ袋に入った状態で届いたのではないでしょうか。そのアルミ袋には、グルーの温度を冷やしてくれる効果があります。また、同封されている乾燥剤も、そのままグルーの保管時に活用すると良いでしょう。余計な湿度を吸収してくれるため、グルーの劣化を防ぐことができます。

「新品のグルーなのに、そこまできちんと管理しないといけないの?」
と思われるかもしれませんが、新品グルーであっても劣化するため、新品グルーでも適切な管理が必要です。買ったばかりのグルーが、開けた瞬間からドロドロと糸を引いていたらもったいないですよね。開封済みのグルーと同じく、適切な保管環境を整えておきましょう。

まとめ

新品グルーの開け方から保管方法まで、詳しく勉強してきました。「購入したばかりのグルーでも管理方法によっては劣化してしまう」という事実に驚いた新人アイリストもいるかもしれませんね。グルー本来のパフォーマンスを発揮させるためにも、正しい環境での管理は必要不可欠です。開封前・開封後にかかわらず、18~23℃に保たれた冷暗所で保管し、使用時には横向きにしっかりと振ってから取り出すよう気を付けましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

 

この記事をシェアする