美容外科で販売される「まつげ美容液」が話題!市販のまつげ美容液とどう違うの?

この記事をシェアする

アイリストにとって、お客様の自まつげを整えてくれるまつげ美容液は欠かせないアイテム。まつげが弱っている状態だとご要望に応えられないことも増えてくるため、日々のまつげケアの重要性もしっかりとご提案していきたいですよね。そこで今回は、さまざまなまつげケアアイテムの成分に着目。育毛剤と美容液の違いについても解説します。ぜひ、“まつ育”のご提案に活用してみてくださいね。

まつげ美容液のさまざまな効果と成分

近年、多くのサロンで唱えられるようになってきた“まつ育”という考え方。
マツエクを美しく仕上げるためにはアイリストの高い技術も必要不可欠ですが、お客様自身の自まつげの状態も大きく影響します。アイリストはマツエクの土台となる自まつげを太く、長く、健康な状態とするために、まつげ美容液をご提案することも多いのではないでしょうか。

さて、アイリストがお客様におすすめする機会も多いまつげ美容液ですが、どのような成分が含まれているのかご存知でしょうか?

実は、まつげ美容液はその成分の違いによって、

発毛効果のある有効成分を含むもの(“まつげ育毛剤”と呼ばれるもの)
育毛促進・毛質改善成分を含むもの

の2つのタイプに分けることができます。まずは、それぞれの成分についてご説明しますね。

①発毛効果のある有効成分を含む「まつげ育毛剤」

薬事法によって多くのまつげ美容液は「化粧品」に分類されるのに対し、まつげ育毛剤は「医薬部外品」「医薬品」に分類されます。つまり、厚生労働省から認可を受けた有効成分を配合し、病気の予防や治療を目的としているということ。購入には医師の処方が必要です。
まつげ育毛剤に配合されている有効成分とは、ビマトプロスト。これはもともと緑内障の治療薬に利用されていた成分でした。その副作用のひとつにまつげの増毛や育毛が見られたことから、睫毛貧毛症(病気や加齢によってまつげが抜けてしまう症状)の治療にも活用されるようになったのです。

現在、日本で唯一「睫毛貧毛症の治療薬」として厚生労働省から認可を受けているのが米・アラガン社の「グラッシュビスタ」という製品

出典:グラッシュビスタについて|Glash|アラガン・ジャパン

グラッシュビスタはとても高い効果を発揮すると言われている製品ではありますが、あくまで医薬品。そのため、

  • 美容目的で購入すると保険適応外となり高い費用がかかる
  • 誤って使用すると色素沈着や目のかゆみなど副作用を引き起こす可能性がある
  • マツエクをつけた状態での使用試験は実施されていない(2019年7月時点)

といった懸念もあります。

②育毛促進・毛質改善成分を含む「まつげ美容液」

ビマトブロストは含まないものの、育毛を促してくれる成分や毛質を改善してくれる成分を配合しているのがまつげ美容液。それらの成分を大きく分けると、次の2つがあります。

植物由来成分

植物から採取した自然由来の成分。効果を発揮するまでに時間はかかるものの、副作用が少なく肌にも優しいため安心して使えるというメリットがあります。主な成分としては、

ナツメ果実エキス
イチョウ葉エキス
フコイダン

など。まつげの毛質改善をしてくれる成分が多いですが、中には天然由来でありながら育毛促進に高い効果を発揮する成分(キャピキシルなど)もあります。

グロスファクター系成分

グロスファクターとは、体内にもともと存在するタンパク質の一種で、“細胞増殖因子”とも呼ばれる成分。まつげの細胞を活性化することで、育毛を促してくれます。グロスファクター系に分類される主なものとしては、

EGF(ヒトオリゴペプチド-1 オリゴペプチド-24)
IGF(ヒトオリゴペプチド-21 オリゴペプチド-20)
FGF(ヒトオリゴペプチド-13 アセチルデカペプチド-3)

など。植物由来系の美容液よりも価格帯は高くなる分、効果も出やすいため、サロンでの取扱いの多い人気のタイプです。

美容外科の“最新まつげ美容液”の成分は?

さまざまなまつげケアアイテムがある中で、高い人気を誇るのが美容外科などが監修したネット販売可能なまつげ美容液
そのメリットには、

  • 専門家監修で高い効果を発揮する
  • 医師の処方がいらない
  • 副作用のリスクの少ない成分が配合されている

といった点があります。今回はその中でも人気の商品をご紹介しますね。

湘南美容ロングラッシュリッチ

画像元:Amazon

湘南美容外科が監修したまつげ美容液。まつげを長く、多く、そしてツヤとハリのある状態に近づけてくれる人気商品です。大容量でたっぷりと使えるところも嬉しいポイント。
その配合成分には、

  • クラドシホンノバエカレドニアエ多糖体(フコイダン)
  • ローヤルゼリー
  • ツバメの巣エキス
  • ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド
  • カミツレ花エキス
  • ヒアルロン酸

があります。保湿効果の高いトリートメント成分や、育毛効果の高い成分をたっぷりと配合する一方で、副作用を引き起こすような成分を完全除去。さらにオイルフリーのため、マツエクをするお客様にもおすすめしやすい美容液です。

湘南美容ロングラッシュリッチ

市販のまつげ美容液はおすすめしない方がいい?

まつげ美容液には、マツエクサロンやドラッグストアなどで手軽に購入できるものも多くありますよね。確かに美容外科監修のまつげ美容液は効果を実感しやすいかもしれませんが、すべてのお客様にとって最適なアイテムとは限りません

“まつ育”で確実に成果を出すためには、継続して使い続けることが大切。アイリストがお客様にホームケアをおすすめする際は、「お客様が使い続けやすいかどうか」をまず考えなくてはならないでしょう。市販のまつげ美容液というのは、価格の手頃さ、購入のしやすさが最大のメリット。「美容外科のまつげ美容液は気になるけど、私には価格が高すぎて…」というお客様にも気軽にお試しいただきやすいのです。

こちらの記事も参考にしながら、さまざまなまつげ美容液をチェックしておくといいでしょう。

効果を実感できる!おすすめの実力派まつげ美容液4選

最後にご紹介するのは、まつ育効果を期待できる人気のまつげ美容液。市販品でありながら、その得られる効果に高評価が集まるものばかりです。ぜひ、チェックしてみてください。

リバイブラッシュ

画像元:Amazon

販売本数が累計200万本を突破した日本製のまつげ美容液。まつげのヘアサイクルを追求し、高い発毛促進効果を発揮するキャピキシルを最高濃度で配合しています。また、5種の安全性評価試験をクリア。低刺激性でありながら、8種もの美容補修成分を含み、まつげの質を高めてくれます。

リバイブラッシュ

まつげ美容液【ビューティラッシュLIMITED】

画像元:Amazon

日本国内にとどまらず、世界各地に愛用者を持つベストセラー商品。アカツメクサ花エキスやカミツレ花エキスなどの5種の自然由来成分が、血行を促してまつげの成長を促進します。さらにヒアルロン酸やアミノ酸、ビタミンB群などの成分がまつげのツヤとコシをアップ。使い続けることであらゆる美容成分を摂れるところが人気の理由です。

ビューティラッシュLIMITED

プレミアムアイラッシュエッセンス

画像元:Amazon

化粧品などの開発メーカーが毛髪の専門家と開発したまつげ美容液。まつげの育毛促進効果のあるフコイダンやペプチド、毛質を強くするビタミンB群や海草エキス、保湿効果のあるアロエベラエキスなどの植物エキスをたっぷりと配合しています。日本製で目に優しいところも安心。楽天などの通販サイトでもトップクラス の販売実績を持つ人気商品です。

商品の詳細はこちら

エリザクイーン

画像元:Amazon

まつげの成長を促すリデンシル、キャピキシルに加え、今業界で注目を集めるまつげ専用の美容成分ワイドラッシュを配合したまつげ美容液。これらを、しっかりと浸透させるために表皮を柔らかくする成分(加水分解ケラチン、ナツメ果実エキスなど)も配合しています。話題の美容成分を試してみたいという方にはおすすめの商品です。

商品の詳細はこちら

まとめ

まつ育の意識が高まりつつある今、あらゆるまつげケアアイテムが登場しています。各種さまざまな特長を持っていますが、やはりアイリストが注目すべきはその配合成分。お客様が安心して使用できるものか、しっかりと成果を出してくれるものかどうか、その成分のもたらす効果にまで関心を持つことが大切です。お客様の大切なまつげを守り、育てていくためにも、今後も最新のまつげ美容液情報に常にアンテナを張っておくようしましょう。190704Esa

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする