「そのマツエクグルー、もう廃棄かも?」グルーの使用期限と保管方法

この記事をシェアする

マツエクの仕上がりを左右するグルー、みなさんは開封してからどれくらいで廃棄にしていますか?開封した後も長期間使用している…実はそれはNG。使用期限が過ぎたグルーは、品質や施術速度の低下にも繋がり、仕上がりに大きな影響を及ぼします。正しい保管方法で、廃棄期限をしっかりと守ること、これはアイリストの基本のき。今回の記事では、グルーの使用期限保管方法について詳しく解説していきます。

グルーの使用期限とは?季節によって違う?

グルーの使用期限は製品によって異なりますが、基本的に未開封で2ヶ月、開封後は1ヶ月だと言われています。開封後とは、商品到着後に即日開封した場合のことです。
また、グルーは高温多湿に弱いため、使用期限は季節によって異なります。つまり、冬よりも夏の方が使用期限は短くなってしまう、ということなのです。 原因は気温。夏は気温が40℃をこえることがままあります。室内の場合、気温が50℃をオーバーするこ可能性もあるのです。もちろん、サロンでは、お客さまが過ごしやすいようにクーラーを活用して室温調節しているはず。しかし夜間や定休日までクーラーをかけっぱなし…というわけにはいきません。 そうすると、グルーをクーラーの効いていない暑い室内で保管…ということになってしまいます。 グルーを保管する最適な環境、それは18~23℃の冷暗所。つまり、夏場のサロンはグルーの理想的な保管場所とは言えないのです。そんな状況下で長らくグルーを放置してしまうと、グルーの劣化が早まってしまう可能性があります。

グルーの廃棄を守らないとどうなる?

もちろん、使用期限が過ぎても、すぐに使えなくなるわけではありません。しかし、古くなればなるほど中身は劣化する、と考えましょう。使用期限の切れたグルーを使用した場合の主なリスクは以下の通りです

・接着力の低下
・持続力の低下
・目元トラブルのリスク増加

通常マツエクのグルーには、酸化を防止する“防腐剤”が配合されています。 しかし使用期限が切れてしまうと、その防腐剤の効果が薄れてしまいます。使用期限が切れたからといってただちに腐り始めるわけではありませんが、やはり機能の低下は免れません。 また、ほとんどのグルーはさまざまなテストを経て販売されていますが、いずれも使用期限を守ってる、ということが大前提。つまり、いくら入念なテストをクリアして販売されたグルーと言えども、使用期限が切れている場合、その安全性は保障されない、ということです。グルーはお客様の大切な目元へと使用するアイテム。だからこそ、正しく安全に使用する義務があるのです。

もう一点、覚えておいてほしい注意事項があります。それは、使用頻度が高ければ高いほど劣化速度が早くなる、ということ。 その理由を解説しましょう。グルーの主成分であるシアノアクリレートは、空気中に含まれる微量の水分に反応して硬化を始めてしまいます。つまり、使い切るまでに何度もキャップを開け閉めするなどして、グルーが空気に触れる頻度が多くなると、その分劣化のスピードは速くなるということなのです。 では、グルーが劣化してしまうとどうなってしまうのでしょうか?ここは、マニキュアで例えるとわかりやすいでしょう。 購入したばかりのマニキュアはサラサラしていてとても塗りやすいですが、日が経つと粘度が増して扱いにくくなる…みなさん経験したことあるのではないでしょうか。マツエクのグルーも、劣化するとマニキュアと同じような状態になるのです。 例え使用期限内だとしても

・ドロドロしている
・糸を引く
・硬化速度が遅い

という症状が見られた場合は、潔く新しいグルーへと交換してください。

正しい保管方法を守ろう

グルーは保管方法を間違えると、品質が変わってしまいます。この項では、正しいグルーの保管方法を、今一度おさらいしていきましょう。

基本の保管方法

グルーは、18~23℃を維持できる冷暗所で保管しましょう。この際、横に倒してしまうとグルーが漏れ出す可能性があるので、必ず立てた状態で保管してください。 通常、グルーは乾燥材と共に、アルミ袋に入った状態で販売されています。理由は、グルーの劣化を引き起こす原因となる湿気やアンモニアガスを防ぐため。サロンでも同じように、劣化を避けるため、乾燥材と共にアルミ袋に入れて保管しましょう。

夏場の保管方法

気温も湿度も上がる夏は、最もグルーの管理に気を使う季節です。常温で保管してしまうと、あっという間に温度が上がり、グルーが劣化してしまいます。そこで活用したいのが、化粧品用冷蔵庫
引用元:Amazon
18℃程度に温度設定を行えば、一年中適切な温度でグルーを保管できるでしょう。

結露に注意

化粧品冷蔵庫でグルーを保管する場合、気をつけなければならないことがあります。
それは結露
結露は、空気中の水分が温度の低い物体に触れることによって冷やされてしまい、水滴になってしまうこと。冬場の窓ガラスや、冷蔵庫から出してしばらく置いておいたペットボトルの表面に付着している水滴…と言えばわかりやすいでしょうか。実は、冷蔵庫で保管していたグルーにも、結露が発生してしまうケースがあるのです。 夏場、化粧品用冷蔵庫内で冷たく保管されていたグルーを取り出し、まだクーラーが効いていない部屋へと置いておくと、まもなく結露が発生します。さらにこの結露、実は外側だけでなく内側にも発生するのです。 容器内に結露が発生してしまうと、もちろん中に入っているグルーに付着します。その結果、グルーの硬化が始まります。みなさんご存知の通り、グルーは硬化時に熱を発するので、これが思わず事故の原因に。 実際過去には、グルーが容器内の結露に反応して硬化を開始していたにも関わらず、それに気づかずに容器を触ってしまい、指を火傷したというトラブルが報告されています。
もちろん、結露はグルーの品質にも悪影響を及ぼします。結露が発生したことにより、グルーが水分に反応して粘り気が強くなりすぎる可能性が。そうなると使用時にグルーが糸を引いてしまい扱いにくいばかりか、硬化速度が遅くなり、施術時間やマツエクのクオリティに影響が出るでしょう。
結露を防ぐためにも、グルーは基本的に、18~23℃の冷暗所で保存しましょう。また、取り出す際は、必ずサロン内の室温が25~28℃程度まで下がっていることを確認することもお忘れなく。

家庭用冷蔵庫では保管しない

ところで、みなさんの中には 「わざわざ化粧品用の冷蔵庫を購入しなくても、家庭用の冷蔵庫で保管すればいいのでは?」とお考えのかたもいるかもしれません。 しかし、家庭用冷蔵庫の使用は厳禁。グルーの保管は、あくまで化粧品用冷蔵庫を推奨します。理由は以下の通り。

・家庭用冷蔵庫は設定温度が低い
・場所によって温度が違う
・衛生的な問題

それぞれ詳しく解説していきましょう。

家庭用冷蔵庫は設定温度が低い

実は、JIS規格で定められている家庭用冷蔵庫内の温度は0~10℃。グルーの適正温度である18~23℃よりも、低い温度となっています。グルーは高すぎる温度だけでなく、低すぎる温度もNG。
グルーが低温になればなるほど、結露を発生させやすくなります。結露に反応したグルーは容器内で硬化を開始。火傷以外に、容器の破裂なども考えられるでしょう。

場所によって温度が違う

家庭用冷蔵庫は一般的に、開け閉めのタイミングで外気に触れるドアポケット付近の温度が上がりやすく、反対にチルドゾーンなどは温度が低いとされています。保管する場所によって温度が変わってしまうと、温度管理の意味がなくなってしまうのです。

衛生的な問題

食材と一緒にグルーを保管してしまうと、グルーが食品に接触し、何らかの菌が付着する可能性があります。衛生的観点からも、家庭用冷蔵庫でグルーを他の食材や飲料と一緒に保管することはおすすめできません。

まとめ

マツエクのグルーは、とてもデリケート。適切な方法で保管しなければ、例え使用期限内でも劣化が早まってしまいます。特に温度が上がる夏場は注意が必要、室温管理及び湿度管理が要となります。季節を問わず、常に高いクオリティの施術を行えてこそプロのアイリスト。 そのためにもグルーの使用期限と保管方法を厳守する、丁寧な商品管理が重要なのです。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする