「そのグルー、もう廃棄かも?」グルーの使用期限と保管方法

この記事をシェアする

仕上がりを左右するマツエクのグルー。開封してからどれくらいの期間で廃棄にしていますか?節約しようとするあまり、開封した後も長期間使用しているアイリストのみなさん。それ、実はNGです。グルーの劣化は施術速度の低下にもつながり、仕上がりにも大きく影響してきます。保管方法をしっかりとしつつ、廃棄期限を守るようにしたいですね。今回の記事では、グルーの使用期限目安と保管方法について学んでいきましょう。

グルーの使用期限とは?季節によって違う?

製品によって異なりますが、基本的に未開封で2ヶ月、開封後は1ヶ月が期限と言われています。開封後とは、商品到着後に即日開封した場合でのこと。当たり前ですが、未開封のまま1ヶ月半経過し、たとえその時点で開封したとしても追加で1ヶ月は持ちません。
また、この使用期限は季節によっても左右されます。なぜなら、マツエクのグルーは高温多湿に弱いから。日本の高温多湿な季節といえば、夏ですよね。夏の気温は40℃を超える日も珍しくなく、室内だと50℃を超えることも。もちろん、サロンの場合、お客さまが過ごしやすいようにクーラーを活用しているはずですが、それでも夜間や定休日になると、グルーを高温多湿な環境下で保管することとなるでしょう。一方、グルーを保管する際の理想は18~23℃の冷暗所。夏場のサロンは、グルーの理想的な保管環境と正反対にあるわけです。そのままの状態だと、たとえ使用期限である2ヶ月を経過していなかったとしても、中身が劣化する可能性があるでしょう。

グルーの廃棄を守らないとどうなる?

もちろん、使用期限が過ぎたとしても、すぐに使えなくなるわけではありません。しかし、古くなるほど中身は劣化すると考えましょう。使用期限の切れたグルーは
・接着力の低下
・持続力の低下
・目元トラブルのリスク増加
など、あまり状態としては良くありません。なぜなら、通常マツエクのグルーには、酸化を防止する“防腐剤”が配合されていますが、使用期限が切れると、その防腐剤の効果が薄れてしまうためです。食品も、消費期限や賞味期限が切れると少しずつ変色が見られたり、腐敗し始めたりしますよね。マツエクのグルーも同じです。腐り始めるわけではありませんが、接着剤としての機能が薄れてしまいます。また、マツエクのグルーはさまざまなテストを経て販売されるケースが多いですが、使用期限を守っていないとそのテストで実証された安全性も確保できないでしょう。目元へ使うものだからこそ、しっかりと使用期限を守りたいものですね。

ただし、使用期限を守っていたとしても注意点が1つあります。それは、期限内であっても、使用頻度によって劣化速度が変わること。グルーの主成分であるシアノアクリレートは、空気中に含まれる微量の水分に反応して硬化を始めてしまいます。つまり、使い切るまでに何度キャップを開けたかによって、グルーに触れる空気量が異なり、触れる量が多ければ多いほど劣化しやすくなるということなのです。使用期限内だとしても、下記のような状態が見られた場合には新しいグルーと交換すると良いでしょう。
・ドロドロしている
・糸を引く
・硬化速度が遅い
見分けるポイントは、以上3つです。女性には、マニキュアで例えると分かりやすいかもしれません。購入したばかりの頃はサラサラとしていて、塗りやすかったはずのマニキュアも、時間が経つと少しずつ粘度が増し、扱いづらくなりませんか?マツエクのグルーにも同じような症状が見られます。糸が引いて扱いにくくなったり、ドロドロとして乾きにくくなったら、変え時が来た証拠。もったいないかもしれませんが、パフォーマンスを向上させるためにも、潔く新しいグルーへ交換しましょう。

正しい保管方法を守ろう

アイリストのみなさん、正しいグルーの保管方法を知っていますか?保管方法次第でグルーの品質は変わってしまいます。最後に、マツエクグルーの保管方法について勉強していきましょう。

<基本の保管方法>
保管は、グルーの適正温度である18~23℃を維持できる冷暗所で行います。横に倒すとグルーが漏れ出す可能性があるため、立てた状態で保管してください。また、乾燥剤を入れたアルミ袋に入れることも大切なポイント。通常、グルーはアルミ袋に入った状態で販売されています。中には一緒に乾燥剤も入っているはずです。それは、グルーの劣化を引き起こす原因である湿気やアンモニアガスを防ぐため。サロンでの保管中も、同じように劣化の原因は避ける必要があるでしょう。

<夏場の保管方法>
高温多湿な夏場は、グルーの管理に気を使うべき季節。常温で保管していると、あっという間に適正温度である18~23℃からかけ離れた気温になってしまうでしょう。そこで活用したいアイテムが、化粧品用冷蔵庫
引用元:Amazon
年間を通して一定の温度をキープしてくれるため、管理の難しい夏場に活躍してくれます。18℃程度に温度設定を行えば、夜間や定休日でも適切な温度内でグルーを保管できるでしょう。
しかし、注意点が1つ。
それは結露が発生しないよう、気を配ることです。
コンビニで買ったばかりの冷えたペットボトルで例えてみましょう。キンキンに冷えたペットボトルをしばらく外に置いておくと、容器の外側に大量の水滴が発生しますよね。それが結露です。実は、グルーの容器にも同じ状況が起こり得ます。化粧品用冷蔵庫内で冷たく保管されていたグルーを、まだ温度の下がりきっていない30℃の部屋に置いてみましょう。ペットボトルと同じく、水滴が発生してきますよね。さらにその水滴、実は外だけでなく中にも結露が発生するのです。容器内に結露が発生すると、もちろん中に入っているグルーに付着。結果、グルーの硬化が始まります。みなさんご存知の通り、グルーは硬化時に熱を発しますよね。過去には、グルーが容器内の結露に反応して硬化を開始していたものの、それに気づいていないアイリストが容器を触ってしまい、指を火傷したというトラブルが報告されています。たかが結露、されど結露です。正しく保管していなければ、こういったトラブルの原因になることを知っておきましょう。
もちろん、グルーの品質にも悪影響。水分に反応して粘り気が強くなりすぎる場合があります。そのまま使用すると糸を引いてしまい扱いにくいだけでなく、硬化速度が遅くなり施術時間に影響が出るでしょう。
結露を防ぐためにも、グルーは基本的に、18~23℃の冷暗所での常温保存がベストです。冷蔵庫の利用は、サロンの冷房を切ってしまう夜間や定休日などに限定しましょう。また、必ずサロン内の室温が25~28℃程度まで下がっていることを確認して、冷蔵庫からグルーを取り出すことが大切です。

「でも、わざわざ化粧品用冷蔵庫を用意する必要はあるの?」
と疑問に思う人もいますよね。確かにコスト面を考えると、普段使用しているスタッフ用の家庭用冷蔵庫にグルーも保管してしまおう!と考えるサロン経営者も少なくないでしょう。しかし、グルーの保管は、あくまで化粧品用冷蔵庫を推奨します。理由は3つ。
・家庭用冷蔵庫は設定温度が低い
・場所によって温度が違う
・同じ場所に食品を保管していると、衛生面が心配
実は、JIS規格で定められている家庭用冷蔵庫内の温度は0~10℃。グルーの適正温度である18~23℃よりも、一段低い温度となっていますよね。先ほど高温多湿がNGとご紹介しましたが、グルーにとっては低すぎる温度もNG。低温状態を引き起こし、結露を発生させやすくなります。結露に反応したグルーは容器内で硬化を開始。先ほど紹介した火傷以外に、容器の破裂なども考えられるでしょう。

また、家庭用冷蔵庫は一般的に、開け閉めのタイミングで外気に触れるドアポケット付近の温度が上がりやすく、反対にチルドゾーンなどは温度が低いとされています。温度管理を目的として冷蔵庫を使用しているにもかかわらず、保管する場所によって温度が変わると意味がありません。一方、化粧品用冷蔵庫であれば、年間を通していつでも一定の温度にキープしてくれるため、心強いですよね。
最後に、家庭用冷蔵庫と化粧品用冷蔵庫の大きな違いは、保管するものの種類。家庭用冷蔵庫は、食品をメインで保管しますが、化粧品用冷蔵庫の場合、化粧品やまつエクのグルーなどを保管します。食品と一緒に保管する場合、接触などの理由から何らかの菌が付着する可能性があるでしょう。衛生面の観点からも、グルーの保管では必ず化粧品用冷蔵庫の使用をオススメします。

まとめ

マツエクのグルーは、意外とデリケート。適切な方法で保管しなければ、使用期限内でも着実に劣化が進んでしまいます。特に夏場は注意が必要で、室温管理だけでなく湿度管理が要となってくるでしょう。しかし、お客様にしてみれば、いつどの季節でも質の良いグルーを使用していて当たり前。夏でも冬でも仕上がりはキレイでモチも良い必要があり、そのためにもトラブルのリスクは一定でなければなりません。使用期限をきちんと守り、かつ適切に保管し、いつでも変わらないサービスを提供していきたいですね。丁寧な商品管理も、アイリストの大切な仕事のひとつです。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする