パリエクは持ちが悪いと言われる理由は?【メリットやおすすめデザイン5選も紹介】

この記事をシェアする
サムネイル

パリジェンヌラッシュリフトとマツエクを組み合わせた「パリエク」は、2021年のヒットから今も根強い人気を誇るメニューのひとつです。

SNSで大注目されているワンホンマツエクデザインがパリエクで作れる。と大きな話題になっています。

今後さらに人気になることが予想されるため、アイラッシュ施術者としては知識を付けておきたいもの。

そこで今回は、パリジェンヌラッシュリフト×ワンホンマツエクの特徴やメリット、おすすめデザインをご紹介します。

パリエク(パリジェンヌラッシュリフト×ワンホンマツエク)の組み合わせが人気!

まずは、パリジェンヌラッシュリフトとワンホンマツエクの特徴をそれぞれおさらいしていきましょう。

パリジェンヌラッシュリフトとは?

出典:@eyeplus.designさん

パリジェンヌラッシュリフトは、80度上向きに立ち上がったまつげを手に入れられるラッシュリフトの一種です。

まつげ全体にカールを付ける一般的なラッシュリフトとは違い、根元からまつげを立ち上げるので、自まつげの長さを最大限に活かせます。

出典:@eyeplus.designさん

8割が下がりまつげといわれている日本人は、まつげが白目に被り目元が暗く見えてしまうことがあります。しかしパリジェンヌラッシュリフトは、まつげを根元から立ち上げるため、白目に光を取り入れやすくなるのです。

またパリジェンヌラッシュリフトは、全ての自まつげをまっすぐに立ち上げられるという特徴もあり、逆さまつげや癖毛まつげの矯正効果も期待できます

その他にもまぶたをリフトアップして、若々しい目元にしてくれるところもメリットのひとつです。

ワンホンマツエクとは?

出典:@salon.swallow_hitachinakaさん

ワンホンマツエクは、2022年SNSで大きな話題になっているマツエクデザインです。

ワンホンマツエクの「ワンホン(網紅)」は中国語で、流行りのものにワンホンと付けて呼ぶことがあり、SNSで人気のユーチューバーやインフルエンサーを指します。中国で人気のマツエクデザインとしてワンホンマツエクと名付けられました。

出典:@sheer__kikoさん

ワンホンマツエクは、長さの異なるエクステを組み合わせて、等間隔にツノを作るのが特徴です。単にミックスするのではなく、長いエクステを均等に配置し、その間を短いエクステで埋めていくことで、立体感のある目元を作ります。

ワンホンマツエクの魅力は、トレンド感を取り入れつつナチュラルに盛れるところ。その反面、長いエクステが1ヶ所でも取れると、たくさんエクステが取れたように感じるというデメリットもあります。

そのためデザイン性を保つためには、下記ポイントを押えて施術していくと良いでしょう。

ツノ1ヶ所に、複数本のエクステを装着する

自まつげより長すぎるエクステを付けない

パリエクを組み合わせるメリット4つ

パリエクには、どんなメリットがあるのでしょうか?ワンホンマツエクと組み合わせるメリットについても見ていきましょう。

メリット1:パリジェンヌラッシュリフトの物足りなさや左右差を解消できる

パリジェンヌラッシュリフトは自まつげを自然に立ち上げ長く見せてくれますが、自まつげ以上のボリュームを出すことはできません

また片方のまつげが上がりにくい場合は、左右差が出てしまうというデメリットもあります。

そのため、パリジェンヌラッシュリフトだけでは物足りなさを感じるお客様もいるようです。

そこで、マツエクを組み合わせるパリエクであればパリジェンヌラッシュリフトで感じた物足りなさを補えます

メリット2:マスカラを使わずに済む

パリジェンヌラッシュリフトでは、まつげの濃さは出せないので、マスカラを使う方が多くいます。しかしマスカラをオフする度にまつげに負担がかかってしまうというデメリットがあります。

その点、パリジェンヌラッシュリフトとエクステを組み合わせれば、マスカラを使わずにまつげを濃く見せられます。

さらにワンホンマツエクのデザインにすれば、しっかりとした濃さがありつつ、目の縦幅を強調したぱっちり目元が作れます。

メリット3:自まつげの癖を調整でき、理想のデザインが作れる

パリジェンヌラッシュリフトの逆さまつげや下がりまつげなどを矯正してくれる特徴を活かし、ワンホンマツエクを組み合わせれば、癖のあるまつげでもデザインを綺麗に作ることが可能です。

また短いまつげでもパリジェンヌラッシュリフトをすることにより、最大限まつげを長く見せられるというメリットもあります。 

メリット4:ワンホンマツエクの施術がしやすくなる

ワンホンマツエクは自まつげが下がった状態では上手くデザインを作れないため、施術前にしっかりと自まつげをリフトアップしなければなりません

パリジェンヌラッシュリフトは根元からしっかりとまつげを立てられるため、ワンホンマツエクの施術がしやすくなります

パリエクは持ちが悪いと言われる理由

通常のエクステは3~4週間の持続とされていますが、パリエクの場合2~3週間と持続力が低いというデメリットがあります。

大きな要因としては、ラッシュリフトの成分がまつげに残っていたり、まつげが乾ききっていなかったりすると、マツエクの吸着力が弱くなりマツエクが取れやすくなってしまいます。

また、ラッシュリフト液に含まれる「アミン」が発生させるアンモニアガスの濃度が高いほど、マツエクを接着するグルーの硬化を速めてしまうので、マツエクの吸着に影響している可能性もあります。

パリエクを長持ちさせるには?

長持ちさせるうえで重要なのは、同日の施術を避けることです。

パリジェンヌラッシュリフトの際に、まつげに残ってしまうアルカリ成分を十分に酸化させるためには、2日以上あけるのが望ましいですが、1週間以内に留めておきましょう。

やむを得ず同日に施術をする場合には、接着面の大きい「フラットラッシュ」がおすすめです。

パリエクのおすすめデザイン5選

ここからは、パリエクの中でも大人気『パリジェンヌラッシュリフト×ワンホンマツエク』のおすすめデザインをご紹介。実例を参考にして、さまざまなデザインに挑戦してみましょう!

デザイン1.ナチュラルに盛れるデザイン!自まつげが少なく見える方におすすめ

出典:@yuka_emusalonさん

長いエクステを片目20本ずつ付け、隙間を短いエクステで埋めて作られたワンホンマツエクデザインです。

もともとの自まつげが少なめの方でも、パリジェンヌラッシュリフトとワンホンマツエクを組み合わせれば、ナチュラルに盛れます。 

デザイン2.フラットラッシュのCCカールで、キュートな目元を演出!

出典:@hnn_723さん

こちらは、パリジェンヌラッシュリフト×CCカール・太さ0.15mmのフラットラッシュを使ったワンホンマツエクデザイン。ワンホンマツエクのツノの部分には、9~12mmを使用しています。

平たい形状のフラットラッシュのCCカールで全体を統一しているため、ナチュラルでボリューム感のある印象的な目元に

Cカールよりカールが強いCCカールは、くるんとしたまつげを演出できます。ぱっちりかわいい目元が作りたいお客様に提案すると良いですね。

デザイン3.フラットラッシュのCカールで作る、モチ良しクールワンホン

出典:@hnn_723さん

クールな印象のまつげが好きというお客様には、Cカールを使ったデザインがおすすめです。

こちらのデザインは、長さ7~12mmのフラットラッシュを使用しています。ポイントとなるツノには、太さ0.15mm、長さが8mm・10mm・12mmのフラットラッシュ。

ツノとツノの間には、太さ0.1mm、長さ7mmと9mmのフラットラッシュを使うことで、ワンホンのツノがしっかりと引き立つ仕上がりになっています。

ワンホンマツエクは、エクステが取れてしまうとデザインが崩れてしまいがち。

フラットラッシュであれば他のエクステに比べモチが良いため、ワンホンマツエクのデザインを長く保てるでしょう。

デザイン4.目尻がポイント!女性の魅力たっぷりのセクシーワンホンマツエク

出典:@hnn_723さん

こちらのデザインは、目尻の長いエクステがポイント!まぶたの中央から目じりにかけて流れるようなデザインを作ることで、女性らしいセクシーな目元を作っています。

ワンホンマツエクは長さや束感、密度、付け方で仕上がりの印象ががらりと変わるもの。パリジェンヌラッシュリフトで自まつげをリフトアップした上でワンホンマツエクを作れば、お客様の理想の形を作りやすくなります。

デザイン5.アニメキャラクターのような目元に!Jカールで作るワンホンマツエク

出典:@sheer__kikoさん

パリジェンヌラッシュリフトはまつげを80度立ち上げる技術なので、まぶたが重ための方や出目の方がCCやCカールを付けるとまぶたにエクステが当たってしまうことがあります。

この場合は、カールの少ないJカールを使ってワンホンマツエクデザインを作ると良いでしょう。

こちらのデザインは、Jカールの長さ9mm、10mm、11mmを二重幅より1~2mm超える程度の長さで装着することで、アニメキャラクターのような印象的な目元に仕上げています。

ひと際目立つ目元が欲しいお客様におすすめすると喜ばれるでしょう。

2回目のパリエクまでのサイクルは?

 パリジェンヌラッシュリフトは、1ヵ月以上あけてのメンテナンスを推奨されていますので、2回目のパリエクも同様に1ヵ月以内の施術は避けましょう

パリエクは2~3週間は持続しますが、取れてきてしまうとバラつきが目立ってしまうというデメリットがあります。

2~3週間でマツエクだけをリペアして、1ヵ月以上あけてから再びパリエクをおこなうと、まつげの負担も軽減しつつボリュームを保つことが可能となります。

パリエクのまとめ

パリジェンヌラッシュリフトとワンホンマツエクを組み合わせれば、自まつげに癖のあるお客様でも気軽にワンホンマツエクに挑戦できます。

またアイラッシュ施術者としても、ワンホンマツエクを作りやすくなるので、さまざまなお客様の要望に応えた理想的な目元を作れるはずです。

パリジェンヌラッシュリフト×ワンホンマツエクをマスターして、提案の幅を広げましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

221018Eye

この記事をシェアする