LEDエクステのオフは通常のリムーバーでOK?施術の特徴やメリットとは

この記事をシェアする

今次世代マツエクとして注目をされ始めている技術の1つが「LEDエクステ」です。現段階では導入していないサロンでも、お客様からの問い合わせが増えたという声を多く耳にするようになりました。また、「LEDエクステは通常のリムーバーでオフできるの?」と疑問に思っているアイリストも多いと思います。そこでこの記事では、LEDエクステについて解説していきます。なかでも、問い合わせの多いLEDエクステのオフの方法に重点を置いてお伝えしていきましょう。お客様から問い合わせがあったときにぜひ役立ててみてくださいね。

LEDエクステとは?

LEDエクステとは?出典:次世代まつげエクステ LEDエクステ

LEDエクステは、 専用のLEDライトとジェルグルーを使って行う新しいマツエクの施術技法です。LEDライトで光照射し、グルーを硬化させるところがLEDエクステ最大の特徴です。またホルムアルデヒドの放散を極力阻止しているため、これまでアレルギーによってマツエクがつけられなかったお客様にもご提案しやすいメニューでしょう。

同じようにLEDライトで光照射して行う美容技術にはジェルネイルがありますが、LEDエクステで使われるジェルグルーは目元用に作られたもので、成分が異なります。

LEDエクステのメリットとは?

LEDエクステのメリットは主に3つあります。

メリット1: モチが良いこと。その持続期間は約1.5ヶ月~2ヶ月といわれています。もちろんお客様の自まつげの状態やアフターケアによってモチは左右されますが、従来のマツエクが長くても3週間ほどでリペアを必要とすることを考えると持続力は高いといえるでしょう。

メリット2: 素早く完全硬化すること。LEDエクステは光照射によって約2秒で完全硬化します。そのため施術後すぐの入浴も可能な他、オイルクレンジングを使用しても問題ありません。また、光照射するまでは硬化しないため焦らずに施術が行えるでしょう。

メリット3: アレルギー発症率が軽減されていること。LEDエクステは光照射によって素早く完全硬化させることで、ホルムアルデヒドなどの揮発性物質の発生を極限まで抑制しています。全くアレルギー反応が起こらないとはいいきれませんが、かなり軽減されている手法であるといえるでしょう。

LEDエクステにデメリットはある?

LEDエクステはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

たとえば、紫外線や日光アレルギーの方は症状の強弱によってはLEDライトによるアレルギー反応が出る可能性があること。ほとんどのLEDライトは紫外線を発生させませんが、不安のあるお客様に施術する場合にはあらかじめ腕などでパッチテストのようなものを行い、安全を確認する必要があるでしょう。

また、目をつぶったときに半目になりやすいお客様への施術も避けたほうが無難です。LEDライトの光は眼球への影響が最小限になるよう設計されていますが、物理的に目元をしっかりと閉じられない場合はトラブルを引き起こす可能性があります。導入を検討しているサロンは、メリットとデメリットを理解しておくとより安全に施術が行えるでしょう。

LEDエクステのオフに使うリムーバーとは?

LEDエクステの技術には専用のライトやグルーが必要です。そのため、いつものリムーバーではオフできないものと思いがち。しかし、実はLEDエクステは「 炭酸プロピレン系」が主成分のリムーバーであれば、普段から使っているもので代用も可能です。ここからは、炭酸プロピレン系のリムーバーの特徴やオフの注意点について見ていきましょう。

炭酸プロピレン系のリムーバーとは?

炭酸プロピレンは、グルーを溶かす溶剤としての即効性は低いものの、安全性に重きをおいて選ばれたリムーバーの主成分です。すぐに外せるという利便性が高いアセトンや酢酸エチルを主成分としたリムーバーと比べると リムーブには多少時間がかかりますが、液だれしたときの危険性が少ないことが特徴です。

オフは通常よりも2~3分置き時間を長くする

LEDエクステをオフするときには、炭酸プロピレン系のリムーバーを通常よりも2~3分長く置いた後にリムーブしていきましょう。LEDエクステに使われるグルーは 従来のものよりも接着強度が高いため、しっかりと溶解するまでに多少の時間を要します。LEDエクステのオフを希望される方が来店された場合は、通常よりも少し余裕をもったオフ時間を確保するようにしましょう。

リムーバーはジェルタイプがおすすめ

LEDエクステをオフするときには、 ジェルタイプの炭酸プロピレン系リムーバーがおすすめです。これは、クリームタイプよりもジェルタイプのほうがオフにかかる時間が短く、グルーになじみやすいためです。LEDエクステ用のリムーバーとして使いたいときには、LEDエクステスターターキットに付属されているものを推奨しますが、どうしても手元にないときには炭酸プロピレン系のジェルリムーバーで代用するようにしましょう。

未導入店は要チェック!LEDエクステのオフにも使えるリムーバー4選

LEDエクステのオフにも代用できる炭酸プロピレン系を主成分としたジェルタイプのリムーバーを紹介していきます。

国産ノンアセトンジェルリムーバー シーシェル

国産ノンアセトンジェルリムーバー シーシェル出典:アイラッシュガレージ

omeエンタープライズから発売されている「国産ノンアセトンジェルリムーバー シーシェル」は、LEDエクステを導入する際に推奨されているスターターキットの中にも含まれているアイテム。ジェルタイプながら液だれしないような適度な粘度をもたせているため、クリームタイプと同じ安全性を保ちながらオフできます。なお、通常のマツエクであれば2~3分の置き時間でリムーブ可能。クリームタイプよりもふき取りがしやすいため、施術時間を短縮できることもポイントです。3種類の香りがある中で、シーシェルは無香料タイプのためどんなお客様にも使いやすいでしょう。

内容量:15ml

ジェルリムーバー ピンク

ジェルリムーバー ピンク出典:アイラッシュガレージ

Lash Colors(ラッシュカラーズ)から発売の「ジェルリムーバー ピンク」は、うっすらとジェルリムーバーに色をつけることで施術をしやすくしたアイテム。溶剤には炭酸プロピレンの他、ガンマブチルラクトンが使われています。水分の揮発を防ぐ効果が期待されるポリエチレングリコールや、ゲル化作用があるポリアクリル酸を配合させることで液だれしにくいジェル状態にし、施術の安全性を高めています。

内容量:15ml

GEL REMOVER

GEL REMOVER出典:アイラッシュガレージ

プロ用の質の良いマツエク商材を高いコストパフォーマンスで提供するPERFECT LASH(パーフェクトラッシュ)から発売されている「GEL REMOVER(ジェルリムーバー)」。ノンアセトン・ノンオイルのアイテムで、全体のオフはもちろん部分的なオフにも使いやすいことが特徴です。ジェルタイプのアイテムですがやや硬めに作られているため、液だれもしにくくなっています。成分は炭酸プロピレン、酸化チタン、増粘剤とシンプルで、皮膚への刺激も少ないでしょう。通常のマツエクであれば約2~3分間の置き時間でオフが可能です。

内容量:20g

ジェルリムーバー リッチ

ジェルリムーバー リッチ出典:アイラッシュガレージ

アイリストからも人気の高いMiss eye d’or(ミスアイドール)から発売の「ジェルリムーバー リッチ」。クリームのように液だれしない設計ながら、ジェルの良さを生かしたなじみやすさで施術効率をUPしてくれます。通常のマツエクであれば3分間の置き時間でオフが可能。界面活性剤やアセトン、ガンマブチルラクトン不使用で、人体への影響が最小限な施術を行えます。ジェルにはホワイトの色味がついているため、塗布部分も分かりやすいでしょう。

内容量:20ml

まとめ

LEDエクステは専用のライトで光照射してグルーを固めるため、完全硬化までの時間が2秒と大変短く、約1.5ヶ月から2ヶ月の間モチが持続する手法です。アレルギー発症率も軽減されているため、提供できるお客様の幅も広いといえるでしょう。導入にあたっては、専用機器の購入や実技講習を受ける必要もありますが、他店との差別化を図りたいサロンやメニューの選択肢を広げたいサロンは前向きに検討しているようです。また、LEDエクステのリムーブには炭酸プロピレン系の一般的なリムーバーで代用できるため、LEDエクステ未導入店であってもオフのオーダーには対応できるでしょう。新技術LEDエクステについて理解を深め、導入を検討してみてはいかがでしょうか?210723Etm

※本記事の内容や価格はすべて、2021年7月時点のものです。最新情報は、公式HP等よりご確認ください。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする