「目が染みるのを予防する」は嘘だった!?コンタクトレンズをしたままマツエクの施術はできるの?

この記事をシェアする

多くのサロンでは、マツエク当日のアイメイクを控えてもらうよう(もしくは避けるよう)お願いしていることが多いですよね。しかし、コンタクトを外してからご来店いただくよう案内しているサロンは少ないのでは?最近ではカラコンも普及してきているため、多くの女性がコンタクトを付けた状態で来店されています。メイクと同じく事前のアナウンスが必要となる日も近いのかもしれません。では、そもそもマツエク施術中はコンタクトを付けたままでも問題ないのでしょうか?

コンタクトしたまま施術できる?カラコンでもいいの?

まず結論から紹介すると、ソフトレンズの場合は付けた状態でも施術できます。(オススメはしません。)しかし、ハードレンズの場合は危険性が高いため、外してもらうようにしましょう。
マツエク施術中は、目を閉じています。目を閉じている間は、瞬きができないですよね。そうすると、涙の供給ができなくなるため、充血したり目の渇きを覚える人も少なくないのです。これはソフトレンズでもハードレンズでも同じ。特に、元々ドライアイのお客様は、コンタクトを付けたまま施術を行うことで、より強い乾燥を覚えやすく、施術後にはコンタクトが眼球に張り付くこともあるでしょう。
以上の理由から、ソフトレンズであっても、付けたままの施術はあまりオススメできません。また、ハードレンズの場合は、施術中にズレてしまったり、何らかの拍子にまぶたを押さえつけてしまい、目に傷が入ることもあります。ハードレンズを付けている=柔らかい眼球の上に、小さく硬いレンズが乗った状態です。軽い力であっても目を傷つける可能性があることを、頭に入れておきましょう。

次に、今多くの女性に取り入れられているカラコンについても、確認しておきます。一般的に、カラコンはソフトレンズタイプであるため、付けていても大丈夫!と思われがち。しかし、カラコンは透明なソフトレンズよりも厚みがあり、酸素透過率が低いと言われています。また、そもそも開発時点で酸素透過率が著しく低い商品も珍しくありません。酸素透過率が低い=目が乾きやすいレンズということ。施術中にトラブルが起こりやすいため、外してもらってから施術を始めた方が良いでしょう。

マツエク中のコンタクト装着 メリット・デメリットについて

マツエク中にコンタクトを付けることで何かメリットがあるのでしょうか?デメリットとともにご紹介します。

【メリット】
・揮発成分から目を守ってくれる
【デメリット】
・ハードレンズは、施術中にズレたり目を傷つける可能性がある
・ソフトレンズにグルーが付着すると溶ける
・乾燥しやすい
・充血しやすい
・乾燥して涙が出ると、白化現象の原因になる
以上が考えられます。この時点で、コンタクトを付けたまま施術を進めるメリットがほぼないことが分かりますよね。
まずはメリットから見ていきましょう。グルーの硬化時に発生する揮発成分は、目に入ると痛みや充血を引き起こすと言われています。ネット上にあふれている、「マツエク中は目が染みる」という感想は、おそらくこの揮発成分が原因です。しかし、ソフトレンズを付けたまま施術すると、黒目をカバーしてくれるため、グルーが染みにくいと言われています。コンタクトが保護膜のような働きをしてくれるのでしょう。もちろん、コンタクトを付けていても染みる人はいますが、付けていない人よりも付けている人の方が染みを感じることが少ないようです。
しかし、このメリットを踏まえた上でも、コンタクトを付けたままの施術はオススメできません。なぜなら、コンタクトを付けたままの施術には危険がたくさん潜んでいるため

まずは、先ほども紹介した2つのデメリットから見ていきます。
ハードレンズは、施術中にズレる可能性があり、まぶたに少し負荷がかかるだけで目に傷が入る危険性があるでしょう。また、レンズの種類に関係なく、長時間目を閉じた状態でいると、乾燥しやすくなります。乾燥する=不快感に繋がり、お客様にとって快適な施術とは言い難いでしょう。
さらに、白化現象のリスクもあります。人の目は、乾燥すると勝手に涙を分泌し、目の潤いを維持しようとします。マツエク施術後に目が乾燥しているお客様は、おそらく何度も瞬きしたり、しばらく目を閉じていたりしますよね。その動きにより、目全体に潤いが行き届くようにしているのです。しかし、もしその涙の量が多かったとしたら、まぶたから溢れ出しマツエクのグルーに付着する可能性が高まります。すると、白化現象と呼ばれる、グルーが白くなる現象が起こりやすくなるでしょう。一度白化現象が起こったグルーは、黒く戻りません。オフして再度付け直す必要があります。

さらに、恐ろしい事実は、ソフトレンズとマツエクグルーの関係性。瞬間接着剤と同じ成分でできているマツエクのグルーは、ソフトレンズを溶かしてしまう性質があるのです。そもそも目の中にグルーが入ってしまうこと自体、絶対にあってはならないミスではありますが、実際にグルーの付いたエクステがコンタクトレンズに触れてしまい、レンズが溶けたトラブルも過去に起きています。例えグルーが直接レンズに触れていなくても、油断できません。なぜなら、グルーの揮発成分により、レンズが変形する事案も発生しているためです。

お客様に安全な環境を提供すべきアイリストとして、コンタクトは施術前に外していただいた方が良いと、実感してもらえたでしょうか?

コンタクトのお客様へのお声かけ

最後に、ご来店時にコンタクトを付けられているお客様へのお声がけ方法をご紹介しましょう。
まずはカウンセリングシートを活用し、レンズの種類を確認します。その後
「今、コンタクトレンズは入っていらっしゃいますか?」
と質問してください。もし入っている場合、ハードレンズのお客様には必ず
「施術中は、目を閉じたまま瞬きもできないため、コンタクトを付けたままだと目が乾きやすく、充血することもあります。さらにハードの場合は、目の中でズレやすくなったり、万が一まぶたに手が当たると、衝撃で目に傷が入る可能性もあるようです。できるだけ安全な状態で施術させていただくため、施術前にコンタクトを外していただいてもよろしいでしょうか?」
と、お伝えします。また、ソフトの場合は乾燥のリスクをご説明した上で、
しかし、もし施術中に染みたとしても、それはあくまで一過性のもの。それよりも、コンタクトをつけたまま施術することで考えられる危険性の高さが心配です。アイリスト自身がしっかりと問題認識し、ソフトレンズであっても外していただけるよう促せるようなお声がけを心掛けましょう。

また、コンタクトを外せる環境も整えておかなければなりません。貸し出し用のコンタクトケースや保存液を用意しておくと良いでしょう。
なお、施術後もすぐにはコンタクトを装着できません。メガネを持ち歩いていらっしゃるお客様や、あまり度がきつくなく、コンタクト無しでも帰宅できるお客様は良いのですが、もしコンタクトがないと帰宅が困難となる場合は、別日での施術もご提案すると良いでしょう。できれば、何度も足を運ばせることにならないよう、前日や当日の朝などに、予約の確認とともにコンタクトに関するアナウンスもしておくと親切ですね。

まとめ

たかがコンタクトぐらい大丈夫!という安易な気持ちが、お客様の目を危険にさらす原因になるかもしれません。私たちには、目元を預かるプロとして、施術時の安全さにこだわる使命があるはずです。「他のサロンではそんなこと言われなかったのに」と言われたとしても、リスクを繰り返しお伝えすることで、きっとお客様も理解してくれます。コンタクトレンズを付けたままの施術はトラブルの元。強い責任感を持って、安全な施術を進めていきましょう。

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする