ポイントは「具体化」と「根拠」にアリ!?「大人女性」世代へのデザイン提案のコツ・具体的な提案例や配慮例を知ろう

この記事をシェアする

大人世代のお客様へのマツエクのデザイン提案やカウンセリングは、若者世代のお客様へのものとは異なったアプローチで行う必要があります。

そこでこの記事では、大人世代の女性にぴったりのデザイン提案を具体的にお伝えするとともに、お客様への配慮の仕方をご紹介していきます。年齢と共に増えて行く目元の悩みを、マツエクと共に改善してさしあげる…そんなデザインを提案していきましょう。 

大人世代の接客の特徴

まず、大人世代の女性の方に接客する際のポイントをご紹介しましょう。私たちアイリストよりも経験や知識が豊富な大人世代のお客様に対して必要となってくること…それは「説得力」
本来マツエクの細さや長さなどは、各お客様の目の形やお顔の雰囲気に、お客様の要望を加味した提案をすることが必要とされています。
しかし、人生経験が豊富な大人世代のお客様に対して「全体の雰囲気を総合して」「お客様の目の形を考慮して」という理由でのデザインの提案は、説得力にかけ、お客様に不信感を抱かせてしまうケースに発展する恐れも。
では、大人世代のお客様が納得し、満足していただくためにはどのようにすればいいのか…?それは「具体性」を持った提案をすること。
マツエクの長さや細さ、そして本数を具体的に提案することで、「なぜこのデザインを提案したのか?」がより明確化され、お客様の信頼に繋がっていくのです。
そのことを踏まえて、大人世代のお客様へのアプローチ法を、より詳しく解説していきましょう。

理想的な本数や太さは?

まずは、大人世代の女性にとって理想的なマツエクの本数や長さを具体的にご紹介していきましょう。大人女性のマツエクでポイントになるのは、もともとの目が持っているイメージをどれくらい生かせるか

控えめでありながらも華やかさを演出できる…そんなデザインがおすすめです。

大切なポイントは以下の通りです。

・自まつげのダメージがでないようにすること
・太さ、本数はバランスを見ながら、自然な仕上がりになるように

おすすめの太さは?

太さは、あまり太すぎないものがおすすめ。できるだけ自まつげに近い太さのものを選ぶとよいでしょう。


画像:まつげエクステサロン アイプラス

自然に仕上げるのにおすすめなのは太さ0,1mm。0,15mmになると、自まつげよりも少し太め、マスカラを1度塗りした程度の太さです。

日本人の自まつげの太さの平均は0,1~0,15mmだと言われています
特に太さのご要望がない大人世代のお客様に対しては、「0,1~0,15mmが日本人の平均値である」ということをお伝えしたうえで、さりげない目元のおしゃれを楽しんでいただける太さをご提案してみましょう。

提案例

「自然な仕上がりが演出できる太さのマツエクを装着することで、目元が上品かつ華やかな印象になります。日本人のまつげの太さの平均は、0,1mm程度と言われておりますので、まずはそれくらいの太さのものからはじめてみてはいかがでしょうか?

もう少しはっきりとした印象の目元をご希望でしたら、0,15mmのマツエクがおすすめです。これはマスカラをひと塗りした程度の太さになるので、アイメイクの時短にもなりますよ

 

おすすめの本数は?

本数も同様。マツエクを付ければ付けるほどよい、というものではありません。

初めてマツエクをされる方の場合は、片目30~40本程度からスタートしてみてはいかがでしょうか。とても自然な仕上がりになるため、物足りなさを感じるお客様もいらっしゃるかもしれません。しかし、をオフしても、目元だけなんだか違和感が…ということがありません
さらに、大人世代のお客様の中には、目の輪郭が曖昧になってきていることをお悩みの方もいらっしゃいます。
目元をぱっちりと見せたい、というお客様におすすめなのが片目50本ずつ。自然な仕上がりながらも目元をぱっちりとした印象にしてくれます。

提案例

「はじめてマツエクをされる場合は、片目30~40本をおすすめしています。自然な仕上がりで、メイクを落としても目元だけぱっちりしている…という違和感もございません。もう少し目元をはっきりと見せたい、とご希望の場合は、もう少し数を増やして片目50本ずつ付けて見られたはいかがでしょうか。目元をくっきりと見せてくれますし、目のキワにアイラインを引いたような効果もあるのでおすすめです」

 

 

理想的な長さやカールは?

大人世代のお客様にデザインの提案をする際は、太さや本数と同じくらい、長さやカールの説明も重要です。あまり長すぎるものやカールがきついものを選んでしまうと、頑張りすぎた印象に。ナチュラルながらも若々しい目元になれる、そんなマツエクをおすすめしてさしあげましょう。

おすすめの長さは?

大人女性のお客様で、「とにかく長さを出したい」と希望される方はそれほど多くはありません。ほとんどの方は自まつげに自然な長さをプラスしたい、と考えていらっしゃいます。そのため、はじめてのお客様には自まつげの長さとほぼ同じくらいの9mmからおすすめしてみるとよいでしょう。

少し物足りないな…と思われるお客様には10mmを。

年齢によるまぶたの下がりを気にされているお客様には、目尻目頭を8mm、黒目の上部分を9mm、外側を10mmのミックスで。外側に長さを持ってくることで、目尻を引き締める効果を得ることができます。

提案例

「自然なマツエクをご希望なら、日本人平均のまつげの長さである9mm程度がおすすめです。また、まぶたが下がってきた…とのことですので、目頭と目尻を8mmに、黒目の上を9mm、外側を10mmのエクステにすると、目尻が引き締まり、まぶたの下がりが目立ちにくくなりますよ」

おすすめのカールは

カールも自然な仕上がりを重視で、JカールかCカールで仕上げることをおすすめします。マツエクの長さを抑えれば、緩やかなカーブのものを選んでも目元ははっきりとした印象になります。中でも、Cカールはビューラーを使ったときの仕上がりに近くなるので、アイメイクを時短したいというお客様にはおすすめです。

提案例

「あまりはっきりとしたカールのエクステにしてしまうと、びっくりしたような目元になってしまう場合があります。自然に仕上げるのなら、JカールかCカールが、日本人のまつげに近いと言われているのでおすすめです。今、毎日ビューラーはされていますか?それでしたら、Cカールがビューラーを使ったまつげに近い仕上がりになるのでおすすめです」

 

大人女性向けデザイン例

ではここで、大人世代の女性におすすめのマツエクデザインをいくつかピックアップしてご紹介していきます。
ぜひ、お客様へのデザイン提案の参考にしてみてください。

画像元:@aya1030miさん

目尻にはJカールの10mm、その他の部分にはCカールの9mmを両目120本付けています。ナチュラルながらもまつげのボリュームが出るため、目元が華やかな印象に仕上がります。

画像元:@aya1030miさん

自まつげが自然に濃くなったような印象のデザイン。大人世代のお客様の中には、あまりマツエクだということを知られたくない、という方も少なくありません。そのような方におすすめしたいデザインです。

画像元:@1i1k2.1hさん

太さ本数ともに限りなくナチュラルを意識したデザインです。マツエクがはじめての方や、マツエクをしてみたいけれど、年甲斐もなく、と思われるのでは…と二の足を踏んでいらっしゃる方におすすめです。

画像元:@kaho_0529さん

下まつげにエクステをつけることで、顔の下半分のたるみを目立たなくする効果が期待できます。上下のまつげにエクステをつけると濃くなりするのでは…と心配されるお客さまには、ブラウンカラーのエクステがおすすめ。柔らかい印象が演出できるため、やりすぎ感がでることはありません。

画像元:@eyeplus.designさん

本数は両目80本と控えめにして、カール感に重点を置くデザインもおすすめです。ナチュラルな仕上がりながらも、ぱっと目元が華やかな印象になります。長さも10~11mmと少し長めにしても、本数が少ないためやり過ぎ感はありません。

画像元:@eyeplus.designさん

目尻のカーブを強めにすれば、まぶたがリフトアップして見える効果があります。ぱっちりした目元で若々しさを演出できます。まぶたの下がりが気になっていらっしゃるお客様におすすめのデザインです。

まとめ

大人世代の女性は、マツエクに興味があるけれど派手になってしまいそう…と思われる方や、マツエクは若い女性がするものだから…と思っていらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。さらに、若い女性に施術をしてもらうことに、頼りなさを感じてしまう…という方もいらっしゃるのです。
勇気を出してサロンへと足を踏み入れてくださった大人世代の女性の方にこそ似合うデザインを提案すること、それがアイリストの使命
また、具体的な数値を提示することによって提案に説得力が増し、「この人になら任せても大丈夫」という安心感と信頼感に繋がります。

あなたの施術でお客様がより一層輝きを増し、マツエクを楽しんでいただけたら、とても嬉しいと思いませんか?

ぜひ、お客様の雰囲気にぴったりの目元を作ってさしあげてください。

190620Eco

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする