今SNSで話題の「ベビーオイル洗顔」って?肌を労わる神クレンジング法をチェック

この記事をシェアする

今、“ベビーオイル洗顔”がSNSなどで話題を集めていることをご存知ですか?ベビーオイル洗顔とは、その名の通りベビーオイルを使ったクレンジング方法のこと。「肌のうるおいを保ちながら、優しくメイクオフできる!」と注目を集めており、美容家たちの間で関心が高まっています。今回は、そんなベビーオイル洗顔について詳しくご紹介。クレンジングの詳しい方法やポイントも丁寧に解説します。

ベビーオイル洗顔が話題!

ベビーオイルってそもそも何?

出典:photoAC

 

ベビーオイルとは、もともとは赤ちゃんの肌の保湿用に作られたオイル。低刺激のミネラルオイルで肌に優しく、サラッとした質感が特徴です。近年では、その安全性や保湿力の高さが評価され、スキンケアやヘアケアアイテムとしても注目されるようになりました。

ベビーオイル洗顔の魅力とは

出典:photoAC

そんなベビーオイルをクレンジング剤として使用するベビーオイル洗顔は、乾燥肌や敏感肌など、肌悩みを抱えた人にぴったりのクレンジング法です。一般的なクレンジング剤は、合成界面活性剤という油と水を混ざりやすくする物資が入っています。合成界面活性剤はメイクを落としやすくする一方で、皮脂を落としすぎるなど、肌への負担が大きいことでも知られている成分。
ベビーオイルのほとんどには、合成界面活性剤が入っておらず、肌への刺激や負担が少ないところがポイントです。そんな安心処方のベビーオイルは、肌のうるおいを落としすぎず、メイクを優しくオフできる優秀クレンジングアイテムとして話題になっています。肌を美しく保つためには、乾燥は大敵ですよね。洗いすぎなどの間違ったクレンジング方法では、肌が本来持っている保湿成分まで落としてしまい、乾燥を悪化させてしまうケースがあります。ベビーオイル洗顔なら、肌本来のうるおい成分をしっかり保護しながら、メイクや汚れだけを浮かせてくれるので、肌トラブルも引き起こしにくいところが魅力です。

ベビーオイル洗顔が人気を集めるもうひとつの理由

ベビーオイル洗顔は、肌に優しいというメリットだけでなく、手に入りやすいところも人気のポイント。ドラッグストアなど売られているので簡単に手に入りやすく、一般的なクレンジング剤よりも価格帯が比較的低いところも特徴です。「安いうえに肌にも良い!」「デパコスよりも使用感が良いのでびっくり!お財布にも優しくて嬉しい」など、口コミではコスパを評価する声も多く寄せられています。

ベビーオイル洗顔の効果的な方法

出典:photoAC

ここからは、ベビーオイル洗顔の正しい手順をみていきましょう。
~ベビーオイル洗顔の方法
(1)マスカラなどのアイメイクをしっかりしているときは、事前に目元専用のリムーバーでオフしておきましょう。
(2)ベビーオイルを4~5プッシュ程度手に取り、顔全体に伸ばします。日焼け止めなどを首やデコルテ部分にも塗っている場合は、その部分まで丁寧に伸ばしましょう。
(3)両手の指先でそっと押さえるように馴染ませます。
(4)目元や小鼻、口元などのメイクが残りやすい部分は、そっと指先でなでるように丁寧に塗りましょう。
(5)メイクが浮いたら、ティッシュやキッチンペーパーなどをそっと顔の上に乗せ、オイルを吸い取るように優しく手で押さえます。新しいティッシュに交換し、肌のオイル感がなくなるまで、繰り返し行いましょう。肌の表面がさっぱりしたらOKです。
(6)小鼻などの毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすい人は、低刺激処方の泡石鹸などを使って軽く洗い流します。
(7)入浴後、そっとぬるま湯で肌を流して完了です。

ベビーオイル洗顔のポイント&注意点

出典:photoAC

タイミングは入浴前or入浴中がGOOD

ベビーオイル洗顔は、入浴前もしくは入浴中に行い、お風呂を出るときに洗い流すのがおすすめ。蒸気で毛穴が開きやすく、毛穴汚れなどが落ちやすくなります。

プラスで石鹸を使うなら、すぐに洗い流して

“毛穴詰まりが気になる人は泡石鹸などで洗い流す”と上記でご説明しましたが、このときはくれぐれも洗いすぎに注意!洗いすぎてうるおいを逃してしまっては、ベビーオイル洗顔の意味がなくなってしまうので、あくまでもサッと洗い流す感覚で行いましょう。泡を肌に載せてから3秒程度で洗い流すと負担が少なくおすすめです。
マイルドな洗浄力の石鹸をチョイスしてみましょう。

こする&くるくるは禁物!

出典:photoAC

通常のクレンジング剤では、指先を使ってくるくると動かしてオイルを馴染ませる方法が一般的ですよね。しかし、ベビーオイル洗顔では肌の摩擦をできる限り減らすため、こすったり、くるくると指を動かしたりするのはNG。
ペーパーでオイルをふき取るときは、肌の上でスライドさせないように注意しましょう。オイルをペーパーに転写するようなイメージで、優しくオフするのがポイントです。肌がサラサラとするまでしっかりとオイルを吸い取ることが成功の秘訣!

万が一のときは使用をストップして!

「使用のベビーオイルが肌に合わなかった…」という人もまれにいます。万が一、ひりつきや赤みが出るようだったら、すぐに使用をやめましょう。そんな超敏感肌の人は、安全性の高いホホバオイルなどの植物オイルを試してみるのもひとつの手です。

濃いメイクを無理に落とそうとしない

ベビーオイル洗顔では、日焼け止めやパウダーファンデーションなど、薄づきのメイクをオフするのに最適なクレンジング方法。「しっかりメイクやポイントメイクをすっきり落としたい!」という人には向いていない場合もあります。そのため、通常のクレンジング剤で全く問題ないという人には、ベビーオイル洗顔を無理にはおすすめしません。
「クレンジング後のツッパリ感が気になる…」「クレンジング迷子で困っている」「敏感肌すぎてなかなか合うクレンジングがない」など、ベビーオイル洗顔は肌悩みを抱えている人にこそ試してみてほしいクレンジング法!乾燥肌やオイリー肌など、水分&皮脂のバランスで悩んでいる人や、低刺激コスメにこだわっている人にもおすすめですよ。

 

まとめ

今回は、ベビーオイル洗顔について詳しくご紹介しました。サロンを訪れるお客様の中には、美に関心の高い人も多くおられます。人気のスキンケア法など、有益な美容情報をしっかりキャッチしておくことで、肌悩みを抱えたお客様のニーズに応えられることも。お客様の満足度をアップさせるためにも、トレンドのスキンケア法やコスメなどには、常にアンテナを張っておきたいですね。ベビーオイルは、肌を労わりながら優しくメイクオフできる優れもの。肌トラブルを抱えている人や、クレンジング迷子のお客様にぜひご提案してみてはいかがでしょうか。
この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事200814Eyrhttps://www.beaute-p.com/howto/27276/

この記事をシェアする