【かわいいをキープ!】マスクをしていても落ちないリップ5選

この記事をシェアする

マスクはアイリストが施術する上で、必要不可欠なアイテムです。しかし、マスクを付けて施術していると気になることが、リップがマスクに付いて落ちてしまうこと。度々メイク直しすると、無駄に時間を取られてしまいますし、リップが落ちていないか気にしながら仕事をしていては、最高のパフォーマンスができないかもしれません。
そこで今回は、マスクをしていてもリップが落ちにくくなる方法や、おすすめの落ちにくいリップを紹介します。あなたに合った最適なリップを見つけてみてくださいね。

アイリストあるある。マスクにリップがついてしまう..

引用元:photoAC

アイリストがマスクをして施術する理由は、衛生上や口臭対策などお客様への配慮のためです。またそれだけでなく、グルーに含まれるホルムアルデヒドから自身の体を守るための防御策でもあります。施術で使うグルーには、ホルムアルデヒドという揮発性の化学物質が含まれているため、一日に何度もグルーを使うアイリストは、常にアレルギーリスクを負っていることになります。このホルムアルデヒドは呼吸器に付くと炎症を起こし、咳や喘息の原因になることも。

グルーアレルギーになってしまうと最悪の場合、アイリストを辞めなければいけなくなることもあります。このようなリスクを回避するためにも、アイリストにとって「マスク」は、必要不可欠なアイテムと言えるでしょう。しかし接客業という仕事柄、お客様に信頼していただけるよう、マスクを外して顔を見せたほうがいい場面もありますよね。そんなとき、目元はばっちりメイクなのにマスクの下はリップも塗っていないノーメイクのような状態だと、お客様から「細かなところまで気を配っていないの?」と思われてしまうことも。

そのため、見えないところにも気を配っておくことが重要です。しかし、リップをしたままマスクを付けていると、外したときにリップがヨレてしまい困ったことがある人もいますよね。塗り直せばいいと思いがちですが、マスクを外すたびにリップを塗っていると、施術時間が延びてしまい、お店にもお客様にも迷惑をかけてしまいます。

お客様によっては、次の予定との隙間時間を利用して、マツエクサロンを訪れている人など時間にゆとりがない人もいます。そんな中でアイリストに施術以外のことで時間を取られると、不快感を持つ人もいるでしょう。お客様に好印象を持っていただくためにも、落ちないリップを使ってばっちりきれいなメイクをキープしておきましょう。

マスクが必須の今、みんながしている対策は?

引用元:photoAC

メイクの上からマスクをする際に気になることが「どうやってリップメイクを落ちないようにすればいいのか」というポイントでしょう。そこで、ここからはみんなが実践している対策を3つ紹介します。

・落ちにくいリップを使う

ツヤ感のあるグロスタイプは、マスクの生地につきやすいため、どうしても落ちやすくなってしまいます。そのためマスクをつけるときは、マットタイプのリップを選んでください。さらに落ちにくくしたいなら、塗ったあとにティッシュで一度オフしておきましょう。
長時間付けていても落ちないと話題の「ティント」もおすすめです。

・コートを塗る

手持ちのリップを落ちにくくするのにおすすめなのが「リップコート」です。リップコートはリップの上から塗るだけで、マスクをしていても落ちにくいリップにしてくれる優秀アイテム。ツヤ感がプラスされるため、しっかり発色のマットタイプの色味を押さえたいときにも重宝します。

・メイクが落ちにくい形のマスクを使う

マスクでメイクが崩れてしまう原因は、唇とマスクが擦れてしまうためです。そのためリップを落ちにくくするには、唇とマスクができるだけ接触しないもの、顔のサイズに合ったものを選ぶ必要があります。最近では、「メイクが落ちにくい」とうたわれる商品も数多く販売されているため、アイテム選びに迷う人はこちらを確認してみてもいいでしょう。
また、接客業という仕事上、見た目も重要ポイント。形やデザインも選ぶときの基準のひとつにしてください。

マスクをしていても無敵!おすすめリップ

数あるデパコス&プチプラコスメの中から、口コミで「落ちない!」と話題のリップを、紹介します。

【デパコス】Yves Saint Laurent タトワージュ クチュール

引用元:Amazon

「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」の「タトワージュ クチュール」は、まるで唇そのものが鮮やかに発色しているかのような仕上がりが魅力のリップです。唇にぴったりフィットする斜角のアプリケーターで、ひと塗りできれいなリップを作り上げられます。
付けているのを忘れるほど軽やか付け心地も、口コミで高評価を受けている理由のひとつ。カラーバリエーションが豊富なため、あなた好みの色が見つかるでしょう。

【デパコス】NARS パワーマットリップピグメント

引用元:Amazon

リキッド状のピグメントで軽やかさと潤いのある魅力的なリップを作り上げてくれる「NARS(ナーズ)」の「パワーマットリップピグメント」。付けた瞬間ぴったりと唇に定着するため、にじみにくく落ちにくいのが特徴です。しっかり発色のため、ナチュラルな雰囲気にしたいときは、下地にリップを塗るなど工夫するといいですね。カラーバリエーションは全23色と豊富。オンオフで使い分けてもいいでしょう。

【プチプラ】CANMAKE リップティントマット

引用元:Amazon

「CANMAKE(キャンメイク)」の「リップティントマット」は、見たまま発色の鮮やかなマットティントなめらかでベタつかないテクスチャで、マスクをしていても付きにくいのが特徴です。ナチュラルに仕上げたいときは薄く塗って、しっかり発色させたときはたっぷり塗ってと、気分に応じて仕上がりを変えられるのがうれしいポイント。
カラーは、コーラル・レッド・ローズ・テラコッタレッドの4種類があります。1,000円以下で買えるため、色違いで購入してもいいですね。

【プチプラ】OPERA リップティント N

引用元:Amazon

高級感のあるソフトゴールドカラーのパッケージが目を引く「OPERA(オペラ)」の「リップティント N」。ミニマムですらりとしたデザインは、片手で持ってサッと塗るのにぴったりです。施術中ポケットに入れておいても邪魔になりにくいでしょう。
ティントタイプのリップですが、透けるようにきれいな色が付くため高発色なリップやマットリップが苦手な人におすすめ。ケアオイルベースで、塗り心地はしっとりです。もちろん、色落ちにしくいため、朝メイクしたままのきれいな唇を仕事中もキープできますよ。カラーは、全8色。限定色も度々登場するため、気になる人はチェックしておきましょう。

【プチプラ】REVLON マット バーム

引用元:Amazon

「色落ちしにくいのに、潤う」と話題の「REVLON(レブロン)」の「マット バーム」。マットタイプのリップですが、シアやココナッツバター・マンゴーなどの潤い成分が配合されているため、乾燥しらずのツヤ唇になれます。ライナーがなくても唇の細かな部分までしっかりきれいに塗りやすいクレヨン型リップで、メイクが苦手な人も使いやすいと好評です。
カラーは、ピンクベージュ系やピンクレッド系など、肌馴染みが良く顔色を明るく見せてくれる色が揃っています。施術中のお客様にも好感を与えてくれる、さわやかなペパーミントの香り付きです。

まとめ

アイリストを信頼してマツエクをしに来てくださるお客様のためにも、アイリストは、細心の注意を払って施術しなければいけません。そのためには、アイリスト自身が施術に集中できるよう対策することも重要。
良い印象・悪い印象どちらにもとらえられてしまうメイク。リップは、顔の印象を左右するもののため、特に重要なアイテムです。
マスクをしていても印象的できれいな顔を落ちないリップで演出して、お客様から好印象を持っていただけるようにしましょう。200222Eye

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

 

この記事をシェアする