「アイプチ」をして来店されたお客様、そのアイプチどうする?アイプチの方へのデザイン提案解説あり!

この記事をシェアする

目を大きく見せてくれる「アイプチ」。昔はなかった、とても便利なアイテムですよね。最近ではのりでつけるタイプだけでなく、ファイバータイプのものもあり、アイプチをしていない状態とは目の印象が大きく変わっているケースも。お客様の中には「いつもアイプチをしているのでこの状態に合わせたい」という方も多いです。アイリストとしてどのように対応するのが正解なのか、しっかり学んでいきましょう。

アイプチをした目はどんな状態?

日本人に多いとされる一重まぶたや奥二重まぶたの人でも、パッチリとした二重まぶたになれるアイプチ。リーズナブルで簡単にできるため、多くの女性が愛用するメイクアイテムです。
同じ目元に施術するという意味では、アイリストにとってアイプチは無視できない問題。サロンを訪れるお客様からも「アイプチをした状態で、マツエクをつけたい」という要望を受けたことがある人もいるのではないでしょうか。アイプチをした状態であっても、いつもと変わらない品質でマツエクを提供するためには、アイプチの知識を身に付けておくことが大切です。
まずは、アイプチにどのようなものがあるのか簡単にご紹介しましょう。

■リキッドタイプ(のりタイプ)
リキッドタイプは、専用の液体のりをまぶたに塗ることで、二重のラインをキープするもの。まぶたの厚みに関係なく使うことができるため、くっきりとした二重からさりげない二重など、自由に二重幅を変えることが可能。夜用タイプのような、寝ている間だけ接着のりでまぶたをクセ付けするものもあります。

■アイテープタイプ
片面、または両面テープをまぶたに貼ることで二重を定着させる方法。中でも、ファイバータイプと呼ばれる種類は、糸状の両面テープをまぶたに食い込ませて、二重をキープするというもの。通常のテープよりも二重幅がくっきりと付けられるというメリットがあります。リキッドタイプと違って、長く上向きにカールしたマツエクの毛にのりがくっつくこともないため、マツエクとの併用には向いているタイプともいえるでしょう。

■その他のもので代用するケース
最近人気の方法として、絆創膏でアイプチをする方法もあります。絆創膏アイプチのメリットは、安くて購入しやすいものだけで出来るところ。方法は、絆創膏を目の幅よりやや短めにカットして、通常のアイプチの代わりにまぶたに貼るだけです。カットする太さは自由なため、自分の作りたい二重幅に合わせて調節することもできます。

アイプチをしている目は、人工的に二重を作るためにまぶたが食い込んだ状態で固定されます。そのため、まつげの角度は、通常よりも上がった状態。これは、どのアイプチを選んでも共通して言えることです。

<before>

<after>

アイリストがお客様に最適なデザインを考える際に、まつげの角度はとても重要なポイントですよね。お客様が来店時にアイプチをされていなかったとしても、「普段、アイプチをされることはございますか?」と必ず確認するようにすると安心でしょう。
では、「アイプチをしています」と答えられたお客様に、どのように対応すればいいのでしょうか?

アイプチをしたお客様への対処方法

実はすべてのサロンが、アイプチをされているお客様の施術を受け入れているわけではありません。なぜなら、アイプチを考慮した施術やデザイン提案には、通常よりも注意すべき点が多くなってしまうからです。サロンとしては、アイプチとマツエクの両方をすることで起こりうることを、しっかりとお伝えしておくことが大切です。デメリットについてもしっかりとお伝えしたうえで施術をすることで、お客様の安心感やサロンへの信頼感も違ってくることでしょう。
では、どのようなことを事前にお伝えすればいいのか、早速見てみましょう。

<施術前にお伝えすべきこと>
■グルーの刺激を感じやすくなる

アイプチをした状態だと、まぶたがしっかりと閉じ切らないため、グルーがしみやすくなるということをしっかりとお伝えしましょう。できれば、施術中はアイプチをしていない状態の方が望ましいですね。
ただ、初めて来店されるお客様の場合、アイプチをしている状態の目がイメージしづらいと、デザインの提案が難しくなってしまいます。そのため、初回はアイプチをした状態で来店していただき、2回目以降にデザインの変更がなければ、アイプチなしで施術を行うという流れをおすすめしてみましょう。

■片目だけアイプチをされている場合は、左右で仕上がりが異なる
アイプチをする目的は、目元をはっきりと見せたいだけではありません。例えば、「右目だけ二重だから、左目はアイプチをして右目に合わせたい」というように、左右の目の形を揃えることが目的という方もいます。
そのようなお客様の場合、両目とも同じように施術してしまうと、アイプチをオフしたときに左右でまつげの角度が異なってしまいます。施術後になって初めてその状態に気づかれることがないように、事前にしっかりとお伝えしておきましょう。

アイプチの仕上がりによってマツエクの見え方も異なる
いくらアイプチをした状態に合わせてデザインを決めたとしても、アイプチの仕上がりは常に一定とは限りません。お客様のアイプチ次第で、マツエクの見え方も常に変化してしまいます。お客様が後日、「あれ?サロンで見たときと同じようにできない!」とならないように、事前にしっかりとお伝えしておくようにしましょう。特に、二重幅を大きくとるようなアイプチをされているお客様は、その分仕上がりの違いも大きいため、特に気をつけてあげる必要があります。

以上から分かるように、アイプチとマツエクを併用した状態だと、安全性の面、デザインの面から、通常よりも注意すべきことが増えてしまいます。ただ、マツエクをするお客様の中には「目元をはっきりと見せたい!」という理由から、アイプチも併用される方も少なくありません。「アイプチをしていても、マツエクを十分楽しんでいただけます!」と胸を張って言えるようなサロンを目指して、提案方法を学んでおきたいですね!

アイプチの方へのデザイン提案

アイプチをしているからといって、デザインそのものには特に違いはありません。通常の二重のお客様と同じように、仕上がりイメージに合ったデザインを提案することになるでしょう。
※参考:イメージ違いに注意!一重、奥二重の方へのデザイン提案のコツとは?

ただし、注意すべきなのは、「アイプチをされている状態に合わせるのか、していない状態に合わせるのか」ということ。アイプチをするお客様のデザインを決めるためには、事前のカウンセリングがかなり重要となります。
次のようなポイントは、必ず確認するようにしましょう。

<施術前のカウンセリングで聞くべきこと>
■アイプチの頻度
アイプチのデザイン提案に大きく影響するのが、アイプチの頻度。
「どのくらいの頻度でアイプチをされていますか?」と必ず、確認するようにしましょう。
普段、毎日のようにアイプチをされている場合は、アイプチをした状態でのまつげの角度に合わせて、デザインの提案をする方が一般的です。一方、たまにしかアイプチをしないお客様の場合は、アイプチをオフした状態でマツエクデザインの提案をすると、いざアイプチをしたときに、想像以上にまつげが上向きになってしまうことになりますね。
そのため、どちらの状態に合わせればいいのかを、念入りに確認しておく必要があります。

■アイプチで作る二重幅
アイプチによって作る二重幅が大きければ大きいほど、アイプチをしているときと、していないときのまつげの角度差は大きくなります。
「アイプチをされる際の二重幅はどのくらいでしょうか?」というように、詳しく聞いておきましょう。太めに二重幅をとるというお客様の場合は、アイプチを外すとまつげがかなり下がってしまうため、アイプチの頻度によってカールの強さを考える必要があります。

■メイクの程度
アイプチに関係なく、仕上がりのイメージをつかむために、ヒアリングするアイリストも多い質問ですよね。アイプチをしていない状態の目に合わせてマツエクをすると、アイプチをしたときには、どうしてもまつげが上がりすぎて派手な印象になってしまいます。「仕事の都合で派手すぎるメイクは困る」「ナチュラルメイクが好き」という方もいるので、「普段は、どのようなメイクをされていますか?」と確認するようにしましょう。
もし派手さを抑えたいときは、あえてカールも長さもナチュラルなものにしておき、しっかりとメイクをしたいときにだけマスカラを塗ってボリュームアップできるようなデザインを提案してあげるといいでしょう。

アイプチをしてまつ毛の角度があがってしまっている状態というのは、カールが弱いものでも十分にまつげを長く多く見せることができます。通常のデザイン提案よりも、仕上がりイメージが掴みにくくはなりますが、事前のカウンセリングでしっかりと要望についてお聞きしておくことで、デザインの方向性は固まりやすくなることでしょう。

まとめ

アイプチもマツエクも、目元の印象を変えたいときには効果的。ただし、併用するとなると、通常のマツエクよりも難しい施術となってしまいます。特に、施術中の安全面については、しっかりとした対処が必要。例えば、アイプチをされている状態のお客様は、通常よりも目が開きやすくなっているため、アッパーテープを引き上げすぎると目への刺激が強くなってしまいます。アイプチをした状態での施術であることをしっかりと意識して、適切な対応をとれるよう目指しましょう!

この記事を読んだあなたにおすすめの関連記事

この記事をシェアする