マツエク中のお悩み!まつげの際のアイメイククレンジング方法教えます

この記事をシェアする

マツエクをしていると、ついつい怖くておろそかになりがちな目元のメイクオフ。「マツエクが取れそうで、目元を触るのが怖い」という思いから、メイクオフが不完全になってしまうことも…。その結果、マツエクのモチが悪くなるなどの問題が発生することあります。そこで今回は、マツエクに適したアイメイククレンジングの方法やクレンジング剤の選び方について解説します!

正しいクレンジングがマツエクのモチをアップさせるワケとは?

マツエクを長持ちさせるためには、正しい方法でクレンジングをすることが大切。マツエクが取れないよう優しく力を入れながら、汚れの残りやすいまつげの生え際までしっかりと洗浄することが求められます。

しかし、中には「しっかりメイクを落としたいから、つい目をゴシゴシこすってしまう」というお客様もいるでしょう。確かに、目の際には皮脂汚れやメイク汚れが残りやすいため、入念に洗うことは大切です。ただし、マツエクに強い摩擦を与えることはNG!強く目元をこすりすぎるとマツエクの根元が浮いてしまい、衣服や前髪などに引っかかって取れやすくなったり、チクチクとした違和感につながったりすることもあります。さらに、その不快感からつい目元が気になり、触ってしまいがちに…。結果として、マツエクのモチを悪化させてしまうことになりかねません。

とはいえ、摩擦を与えないよう気にしすぎるあまり、きちんとクレンジングができていない状態もNG!メイクが落としきれないことで、まつげの根元に汚れがたまり、皮脂汚れなどをエサとする“まつげダニ”が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。特に、マツエクを装着するとまつげの根元部分の密度が上がるため雑菌が繁殖しやすくなります。そのため汚れがたまらないよう、より念入りにクレンジングしなくてはいけません。もし、まつげダニが繁殖した状態のまま放置すると、かゆみや炎症を引き起こし、まつげが抜けたり、ドライアイを引き起こしたりする危険性もあります。

以上の理由から、マツエクを長持ちさせるためには正しい方法でクレンジングを行っているかどうかが重要になります。

正しいクレンジング方法
  • まつげにクレンジング剤を乗せ、毛の流れに沿って優しくなでるようにメイクをオフする
  • まつげの際などの細かい部分は、綿棒などを使って丁寧にオフする


ただし、綿棒の繊維に毛が引っかからないよう注意が必要です。この方法であれば、マツエクへのダメージが少なく、目の生え際までしっかりと汚れが落ちるでしょう。
ただし大切なのはクレンジングの方法だけではありません。マツエクのモチは、使用するクレンジングの種類によっても大きく左右するから。次は、クレンジング剤を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

▼こちらの過去記事もぜひ参考にしてください。

マツエクでも使えるクレンジング剤の選び方

クレンジング剤には、オイルタイプやジェルタイプ、ミルクタイプ、リキッドタイプなどさまざまなものがありますが、アイメイクをしっかり落とすには、やはり洗浄力の高いオイルクレンジングを選びたいころですよね。
オイルクレンジングというと以前は、マツエクとの相性が悪いため使用NGとされていました。しかし最近では、オイルクレンジングがマツエクに悪影響を与えるという確かな証拠がないこと、またモチが悪くなる原因はオイル成分ではなく界面活性剤ではないか?など意見もあることから、オイルクレンジングを使っても問題ないという考え方が主流となっています。その証拠に市販のオイルクレンジングの中にも、マツエクOKと謳う商品が多数登場しています。

以上より、まつげの際のアイメイクをしっかりとオフするためには、マツエクOKのオイルクレンジングを用いるのがベストといえます。もしオイルクレンジングを使うのが心配な場合は、マツエクになじみやすいジェルタイプのクレンジングがおすすめです。ジェルタイプのクレンジングであれば、リキッドタイプなどに比べて目元にとどまりやすいため、濃いアイメイクでもしっかり落とすことができるでしょう。

▼こちらの過去記事もぜひ参考にしてください。

評価試験で実証済み!マツエクOKのオイルクレンジング3選

マツエクのプロ用商材メーカーとしておなじみの「松風」ですが、実はマツエク業界全体の底上げを目的として、アイリストのための技術講習や製品の安全性試験を積極的に実施していることでも知られています。
そこで今回は、「松風」が実施したオイルクレンジング評価試験に注目してみました。オイルクレンジング評価試験とは、オイルクレンジングがマツエクの接着強度低下に影響するかどうかを確かめるための試験であり、接着強度が低下しないことが確認された商品情報が公式ホームページに公開されています。その中から、手軽に購入できる3つの商品をピックアップしました。マツエクでも問題なく使えることが証明された安心のオイルクレンジングです!

DHC:薬用ディープクレンジングオイル

画像元:Amazon

アイメイクは強力に落すのに、肌のうるおいはしっかり守る優れたクレンジングオイルです。一部ではマツエクのモチに影響すると考えられている鉱物油や石油系界面活性剤を使用していないことも安心感につながりますね。

ファンケル:マイルドクレンジングオイル

画像元:Amazon

以前から、マツエクOKと話題になっている商品ですが、松風の評価試験も見事にクリアし、さらに信頼度アップです!マツエクの上にマスカラを使っている人にもおすすめしたい逸品。

資生堂:リバイタルグラナス メーククレンジングオイル

画像元:Amazon

かなりサラサラとしたテクスチャーが特徴のオイルクレンジングです。サラサラオイルがまつげの際に入り込み、濃いアイメイクもしっかり落とします。また使用後のベタつき感もありません。

▼こちらの過去記事もぜひ参考にしてください。

まとめ

「クレンジング=マツエクの持ちを悪くさせる」というわけではありません。正しいクレンジング方法、そして適したクレンジング剤を用いることで、アイメイクをしながらでもマツエクを十分楽しむことができます。アイリストとしては、お客様にマツエクをできるだけ長く楽しんでいただけるよう、クレンジングについての正しい知識をお伝えすることを心掛けましょう。【リライト】190821Euk

この記事をシェアする